ASエルフェン狭山FC anchor.png Edit

  • 愛称:AS狭山
  • クラブカラー:青
  • 創設年:1978年
  • 所属リーグ:なでしこリーグ
  • 所属ディビジョン:2部
  • ホームタウン:埼玉県狭山市
  • ホームスタジアム:影森グラウンドほか
  • 代表者:早乙女秀雄
  • 監督:佐藤仁威
  • 公式サイト:
  • ASエルフェン狭山FC (エースエルフェンさやまエフシー)は、 L・リーグ(なでしこリーグ)に所属する女子サッカーのチーム。埼玉県狭山市を本拠地とする。
  • 埼玉県リーグ、関東リーグを経て、2002年から日本女子サッカーリーグに加盟。二部制となった2004年からは2部リーグ(L2)に所属している。
  • 後援会を母体とした地域サッカーチームで、2004年にはNPO法人の認可を受け「非営利法人エルフェンスポーツクラブ」を設立。翌2005年には体育協会のクラブ指定支援事業の指定を受けている。
Page Top

クラブの概要・歴史 anchor.png Edit

  • 1985年に「狭山市スポーツ少年団アゼリアFC」の少女部として活動を開始。1991年に12歳以上の女子チーム「ASエルフェンFC」として独立した。チーム名のASは前身となったアゼリアのAと狭山、埼玉、(県)西部のSを意味し、エルフェン(Elfen)はドイツ語で数字の11(elf)に由来する「サッカー選手(英語でイレブン)」を意味するとともに、英語で妖精を意味するエルフィン(elfin)を連想させることから「女性らしいサッカーをして欲しい」との願いを込めて命名されたという。
  • その後、埼玉県リーグ、関東女子サッカーリーグでの活躍し、全日本女子サッカー選手権大会にも1998年と2002年に関東ブロック代表として参加したことなどで日本女子サッカーリーグに2002年からの加盟が認められ、その際に「ASエルフェン狭山FC」と改名した。
  • L・リーグ参加初年度の成績は一次リーグ(東地区)4位により、決勝リーグは下部リーグに進出し4位(総合8位)。翌2003年には一次リーグ4位、下部リーグ4位により、翌年の二部制導入に伴い行われた「1部(L1)参入決定戦」へ進出するが、4チーム総当たり戦で1勝2敗の最下位となり、2004年から2部リーグ(L2)の所属となった。
  • なお下部組織としてエルフェンMARIが埼玉県内の女子サッカー選手権、全日本女子サッカー選手権予選、県民総合体育大会、埼玉県女子リーグ、U-15リーグに参加している。また体育協会のクラブ指定支援事業の指定により幼稚園サッカー大会、幼児サマーキャンプ、サッカー教室、フットサル教室、身障者との定期サッカー練習試合を実施。関東地方の有力チームを対象とした女子サッカー大会「狭山カップ」主催や、国際交試合、遠征など健康スポーツにわたるボランティア活動を行っている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 3770 today: 1
最終更新: 2008-04-06 (日) 13:30:44 (JST) (3274d) admin
埼玉e街ネット ニュース&レポーターズ 新着記事