本山哲 anchor.png Edit

  • 本山 哲(もとやま さとし、1971年3月4日 - )は、東京都出身のレーシングドライバー。
  • 両親がレーシングカートのサーキット場、サーキット秋ヶ瀬埼玉県さいたま市桜区)を経営していたことから、幼少時よりポケバイやレーシングカートに乗っており、少年時代にはポケバイやレーシングカートの全国大会で優勝も果たしている。
  • 1998年、2001年、2003年、2005年の全日本選手権フォーミュラ・ニッポンおよび、2003年、2004年の全日本GT選手権・GT500クラスのチャンピオンである。ここ一番の爆発力と安定した堅実な走法を兼ね備え、精神的な逞しさもある日本を代表するトップドライバーの一人。夫人は元レースクイーンの小寺雅子。
  • 以前は海外進出に消極的だったが、親友だった加藤大治郎(MotoGPライダー)の事故死を機に積極的な海外進出を試みる姿勢に転換。2003年にはワールドシリーズ・バイ・ニッサンのテストに参加したほか、同年のF1日本GPでは、ジョーダン・フォードから金曜日のテスト走行に出走するなど、機会があれば海外のレースに参戦したいとの姿勢を見せていた。
  • 実際2003年末から2004年初頭にかけて、ジョーダン等数チームのF1のプライベーターと交渉を持つも契約締結には至らなかった。日本人ドライバーがF1に進出するためには、1、海外におけるフォーミュラレースでの実績 2、トヨタやホンダ等のサプライヤーとのコネクション 3、資金力(個人スポンサーの持込など)が必要とされており、海外実績が非常に乏しく、日産自動車の開発ドライバーを努めていた本山は、トヨタやホンダとの有力なコネを持っておらず、F1でのシート獲得は非常に厳しいものであった。さらに日産とルノーの資本提携関係を基にルノーF1のシートを目指し、スペインのヘレスサーキットで、ルノーのセレクションを受けているが、当時既に30代に突入していた本山の年齢なども含めて、ルノー側のニーズに合わず交渉は不調に終わっている。また、思うように持参金が集まらない現実もあり、断念せざるを得なかった。現在は年齢的な問題もあって、国内レースに専念する方向に方針を切り替えている。
  • なお、故・加藤大治郎 は幼馴染であり、搭乗するレーシングカーにはMotoGPにおける永久欠番となっている彼のゼッケン「74」が記されたステッカーを貼付している。
  • 1997年、本山はJTCCで中子修、黒澤琢弥とチャンピオン争いを繰り広げていた。中子がポイントリーダーとして行われた最終戦、富士スピードウェイでのインターTEC第2 レースで、16周目のヘアピン進入で本山のインを突いた中子がタイヤをロックさせ本山に接触、本山のマシンは損傷・スピンして順位を落とした。この接触でタイトルの望みが消えた本山は、中子に報復するため、1周のスロー走行の後、18周目の100Rでアウトから来た中子に接触し、中子はコースアウト・クラッシュした。この件で中子と本山にはペナルティが科せられ、本山は、後に行われたフォーミュラニッポン最終戦への出場を停止された。この事件は、本山の輝かしいレース歴における黒歴史と言われている。
  • ちなみに、ペナルティを決める際、本山の競技ライセンス剥奪も検討されていたが、その才能を惜しんだニスモやチーム・ルマンの尽力により、何とか免れることとなった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 4449 today: 1
最終更新: 2008-09-02 (火) 12:40:09 (JST) (3578d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で