福田正博(元浦和レッドダイヤモンズ選手) anchor.png Edit

  • 福田 正博(ふくだ まさひろ)1966年12月27日生は、神奈川県横浜市緑区出身の元サッカー選手。血液型はAB型。現役時代のポジションは主にFW(フォワード)で、背番号は9番。
  • Jリーグが開幕した1993年から引退する2002年まで浦和レッズの象徴的存在として活躍し、サポーターには「ミスター・レッズ」、「大将」と呼ばれた。現在は浦和レッズのコーチを務める。
Page Top

略歴 anchor.png Edit

Page Top

現役時代 anchor.png Edit

  • 横浜市立十日市場小学校、藤沢市立大庭中学校、相模工業大学附属高校、中央大学を経て、大学卒業後の1989年、父が勤めていたことから三菱重工業に入社。ルーキーながら36得点という圧倒的な力を見せ得点王に輝き、当時三菱重工業サッカー部は日本リーグ2部に降格していたが、それを1年で1部に復帰させる原動力となる。
  • 1993年、Jリーグ発足とともに、三菱自工サッカー部は「浦和レッドダイヤモンズ」として初年度から新リーグに参加し、福田も浦和レッズのエースストライカーとしてチームを牽引した。
  • Jリーグ発足後の浦和レッズは成績低迷に苦しんだが、1995年には日本人選手初のJリーグ年間得点王となり、ベストイレブンにも選ばれた。
  • 日本リーグ時代から日本代表に選出され、とくにW杯アメリカ大会出場を目指す代表チームの主力選手として予選を戦い抜いたものの(代表でのポジションは主にMFだった)、同最終予選のイラク戦の結果が引き分けとなり、W杯初出場を逃した。福田もまた「ドーハの悲劇」で苦杯をなめた1人だった。
  • 永く、浦和レッズの中心選手、キャプテンとしてサポーターから愛され、度重なるケガやチームの2部降格などの数々の苦難を乗り越えて選手生活を送ってきたが、2002年のシーズンを最後に、同じく「ドーハの悲劇」を経験したチームメイトであり、元日本代表主将でもあった井原正巳とともに現役を引退した。翌2003年には埼玉スタジアム2002で、5万人以上の観衆を集めて引退試合が行われた。その年に浦和レッズは初タイトルを獲得するのだが、福田はチームタイトルを獲ることができなかった。福田引退関連グッズだけで、1億円以上の売上を記録したといわれる。
Page Top

引退後 anchor.png Edit

  • 引退後は、サッカーの普及活動に協力する日本サッカー協会の「アンバサダー」に就任している。サッカー解説者としても、TBS、ニッポン放送のスポーツ番組などにたびたび出演している。また、2004年4月にはじまったニュースショー「報道STATION」(テレビ朝日)と、TBS「スーパーサッカー」(準レギュラー)では、サッカーコメンテーターをつとめている。
  • 現在のサッカー解説者の中で一番多く複数のテレビ・ラジオ局と契約を交わしており、日本代表の海外遠征をはじめとする海外取材がほかの解説者と比較して際立って多い。そのため、「世界を股にかける男」とも呼ばれている。
Page Top

プレイスタイル anchor.png Edit

  • 柔らかいボールタッチ、スピードに乗ったドリブルに強みを発揮し、ドリブル突破からのチャンスメイクや自らの得点で大いに観客を沸かせた。
  • 鹿島時代のジーコをして「日本最高の天才プレーヤー」と言わしめ、「ドーハの悲劇」世代の日本代表選手の中では、三浦知良(カズ)に勝るとも劣らない潜在能力の持ち主ともいわれたが、自身のケガやチームの不調などのため、日本代表では100%その実力を発揮できたとはいえない。
  • 現役時代、PKを確実に決めることから「PK職人」とも呼ばれていた。自分がファウルされて得たPKも多かった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2620 today: 1
最終更新: 2008-09-11 (木) 18:38:13 (JST) (3568d) ゲスト
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で