武州鉄道 anchor.png Edit

  • 1910年、南埼玉郡綾瀬村(現・蓮田市)の政治家飯野喜四郎と岩槻町(現・さいたま市岩槻区)と綾瀬村の有志らに対し当時の鉄道省から敷設免許がおり、中央軽便電気鉄道株式会社として設立された。翌1911年、中央鉄道株式会社に社名変更して動力を電気から蒸気に変更した。当初は東京と日光を結ぶことを構想として表明しており、その計画は北千住を起点とし川口岩槻幸手栗橋、古河を経て日光へ至る壮大なものだった。1912年に第1期線として川口 - 岩槻間が認可され着工された。
  • 第1期線の起点は当初川口駅が予定されていたが、すでに駅前の開発が進んでいたため、廃止された国鉄の貨物線跡を活用して乗り入れできる赤羽駅に変更された。しかし、赤羽駅構内が狭かったため、貨物の積み下ろしができないとして、貨物用の起点は蕨駅に変更となった。
  • 1914年には第2期線として岩槻 - 蓮田 - 忍町(現・行田市)間の認可を受けた。先に着工していた第1期線は竣工期限までに工事が終わらず、資金繰りのため第2期線も着工して先行して開業させることにした。
  • 1919年、武州鉄道株式会社に社名変更し、1924年に蓮田 - 岩槻間が開業した。この時に京成電鉄の創立者の一人本多貞次郎を社長に招聘した。
  • 蓮田より南進する形で路線延長を重ねてきたが、東京方面への接続路線がない状態では利用客が伸びず、財政難により神根以南の土地の買収が進まない悪循環に陥った。沿線の主要都市である岩槻に総武鉄道(東武野田線の前身)が開通すると貨客もそちらへ移り、結局赤羽方面への延伸は叶わず、1938年に全線が廃線となった。蓮田以北へは、菖蒲に駅予定地を設け工事を行っていたが、北進は実現しなかった。当初の構想であった日光へは東武鉄道が1929年に到達している。
  • なお、途中王子電気軌道の傘下に入ったが、電化はされていない。王子電気軌道は現在の都電荒川線並びに王子駅 - 赤羽終点(現在の赤羽岩淵駅に相当)の路面電車を運行していた会社であり、南下する武州鉄道線との直結を検討していたらしい。
  • 武州鉄道蓮田駅は駐輪場となっている。駐輪場から先、公民館の裏手までは駐車場となっているが、すぐに住宅地に埋もれてしまう。馬込駅跡付近から線路跡は道路となって現れ、東北自動車道と交差し、平林寺の河合幼稚園のところまで続く。その先線路跡は畑となっているが、畑と畑の境界線から容易に線路跡が判別できる。
  • 東武野田線と交差し、浄安寺の前を通過する。埼玉県道2号さいたま春日部線との交差した先の家が岩槻本通駅跡である。岩槻本通駅から岩槻駅跡までは住宅地に飲み込まれているが、土地の形状から容易に探ることができる。岩槻駅跡は太田小学校付近。線路跡は国道16号と交差し、県道に飲み込まれるが、城南小学校を過ぎた先で右手方向に分かれてゆく。
  • 目白大学に入る道は武州鉄道の跡を利用したものである。目白大学から先は一直線に続く。オートウェーブの近く、伝右川と交差する地点に橋台が残されている。伝右川の先、線路跡は東北自動車道となって、神根まで至る(東北自動車道は武州鉄道の用地を利用して建設された)。昭和50年代終わり頃まで、浮谷地区には掘割の路線跡が笹久保地区には築堤跡と共に数箇所、橋台が残されていた。しかし、全線に渡り線路を残した廃線跡は皆無であった。浮谷地区から東北自動車道まで一直線に伸びる廃線跡は現在は無く、浮谷地区の廃線跡は現在の目白大学に埋もれている。武州大門 - 神根間は、東北自動車道と国道122号の用地として大部分が転用された。
  • 武州鉄道の路線跡を縫うように1952年(昭和27年)1月、国際興業鳩ヶ谷車庫 - 岩槻駅前 - 蓮田駅前間を国際興業バスが乗合バス路線として開業した。現在は、岩槻・東川口で系統が分割されている。
  • 浦和大門付近から赤羽方面への路線は、埼玉高速鉄道線の開業により、約60年目にして実現した。埼玉高速鉄道には、その先、武州鉄道が営業していた岩槻蓮田方面への延伸計画もある。ただし、埼玉高速鉄道の免許は新規に取得したものであり、武州鉄道のものを継承したわけではなく、経由地も異なる。
Page Top

沿革 anchor.png Edit

  • 1910年(明治44年)11月5日 : 中央軽便電気鉄道として設立。
  • 1911年(明治45年)7月31日 : 中央鉄道に社名変更。
  • 1919年(大正8年)7月6日 : 武州鉄道に社名変更。
  • 1924年(大正13年)10月19日 : 蓮田 - 岩槻間が開業。蓮田駅岩槻駅を新設。
  • 1925年(大正14年)1月1日 : 岩槻北口駅を新設。
  • 1926年(大正15年)1月1日 : 河合駅を新設。
  • 1928年(昭和3年)9月22日 : 岩槻本通駅を新設。
  • 1928年(昭和3年)12月25日 : 岩槻 - 武州大門間が延伸開業。浮谷駅・笹久保駅・武州野田駅・武州大門駅(大門村大門、現・さいたま市緑区大門)を新設。
  • 1930年(昭和5年)2月1日 : 真福寺駅を新設。
  • 1931年(昭和6年)2月1日 : 馬込駅を新設。
  • 1936年(昭和11年)12月31日 : 武州大門 - 神根間が延伸開業。下大門駅・行衛駅・神根駅(神根村石神、現川口市石神)を新設。
  • 1938年(昭和13年)9月3日 : 全線廃止。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 3366 today: 1
最終更新: 2008-09-23 (火) 23:00:32 (JST) (3556d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で