埼玉県比企郡 anchor.png Edit

比企郡(ひきぐん、ひきのこおり)は、かつて武蔵国に存在し、埼玉県中部に現存する郡。人口144,685人、面積281.84km2。(2005年国勢調査)

東松山市を囲む 小川町川島町ときがわ町滑川町鳩山町吉見町嵐山町の7町で構成される。

また、東松山市秩父郡東秩父村は、行政上は比企郡には含まれないが、郡内の町村と共に「比企広域市町村圏組合」を構成しており、これらは総じて比企圏域と呼ばれる。

Page Top

歴史 anchor.png Edit

  • 平安時代の末期、後に鎌倉幕府の御家人となる比企一族が現在の東松山を中心に統治していた。
  • 1878年(明治11年)7月22日 - 郡区町村編制法制定に伴い、埼玉県に属する部分としての比企郡が誕生。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、比企郡に松山町・小川町の2町と23村が置かれる。(2町23村)
  • 1896年(明治29年)3月29日(2町26村)
    • 横見郡を編入。
    • 植木村が入間郡へ移行。
  • 1954年(昭和29年)7月1日(1町19村)
    • 松山町・大岡村・唐子村・高坂村・野本村が合併し、東松山市が発足、郡より離脱。
    • 南吉見村・東吉見村・北吉見村・西吉見村が合併し、吉見村が発足。
  • 1954年(昭和29年)11月3日(1町13村)
    • 福田村・宮前村が合併し、滑川村が発足。
    • 中山村・伊草村・出丸村・三保谷村・八ツ保村・小見野村が合併し、川島村が発足。
  • 1955年(昭和30年)2月11日(1町9村)
    • 小川町・八和田村・竹沢村・大河村が合併し、小川町が発足。
    • 平村・明覚村が秩父郡大椚村と合併し、都幾川村が発足。
  • 1955年(昭和30年)4月15日(1町7村)
    • 亀井村・今宿村が合併し、鳩山村が発足。
    • 菅谷村・七郷村が合併し、菅谷村が発足。
  • 1967年(昭和42年)4月15日 - 菅谷村が町制施行・改称し嵐山町となる。(2町6村)
  • 1972年(昭和47年)11月3日(4町4村)
    • 吉見村が町制施行し吉見町となる。
    • 川島村が町制施行し川島町となる。
  • 1982年(昭和57年)4月1日 - 鳩山村が町制施行し鳩山町となる。(5町3村)
  • 1984年(昭和59年)11月3日 - 滑川村が町制施行し滑川町となる。(6町2村)
    • 比企地区8市町村合併
  • 2003年3月3日 比企地区任意合併協議会設置(東松山市比企郡滑川町嵐山町小川町・都幾川村・玉川村・吉見町秩父郡東秩父村
  • 2003年4月1日 協議会事務局設置(東松山市役所内)
  • 2003年5月21日 第4回協議会において比企地区任意合併協議会解散を決定
  • 2003年東松山市・吉見町合併協議会を設置。
  • 2004年東松山市・吉見町合併協議会解散を決定。 合併協議会廃止
  • 2006年(平成18年)2月1日 - 都幾川村・玉川村が合併し、ときがわ町が発足。(7町)
Page Top

参考文献・出典・外部リンク anchor.png Edit


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 4165 today: 1
最終更新: 2008-01-07 (月) 15:21:41 (JST) (3425d) admin