埼玉県大里郡 anchor.png Edit

  • 大里郡(おおさとぐん) は、かつて武蔵国に存在し、埼玉県北部に現存する郡。人口3万7千人(2007年9月1日)、面積64.17km2。 寄居町の1町から構成される。
Page Top

沿革 anchor.png Edit

  • 1878年(明治11年)7月22日 - 郡区町村編制法制定に伴い、埼玉県に属する部分としての大里郡が誕生。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、熊谷町・大幡村・肥塚村・佐谷田村・久下村・吉見村・市田村・御正村・大麻生村・吉岡組合村(吉岡村・楊井村)の1町10村が置かれる。(1町10村)
  • 1896年(明治29年)3月29日 - 幡羅郡・榛沢郡・男衾郡と合併。(3町39村)
  • 1910年(明治43年)3月9日 - 吉岡組合村が、吉岡村が楊井村を編入することで再編され、吉岡村として発足。(3町38村)
  • 1913年(大正2年)4月1日 - 妻沼組合村(妻沼村・弥藤吾村)が、妻沼村が弥藤吾村を編入することで再編され、妻沼町として発足。(4町36村)
  • 1926年(大正15年)10月1日 - 肥塚村が熊谷町に編入。(4町35村)
  • 1927年(昭和2年)4月1日 - 熊谷町が北埼玉郡成田村を編入。
  • 1932年(昭和7年)4月1日 - 大幡村が熊谷町に編入。(4町34村)
  • 1933年(昭和8年)4月1日 - 熊谷町が市制施行し、熊谷市となり郡より離脱。(3町34村)
  • 1941年(昭和16年)1月1日 - 佐谷田村が熊谷市に編入。(3町33村)
  • 1941年(昭和16年)4月10日 - 玉井村・大麻生村、久下村の一部が熊谷市に編入。久下村の残部は北足立郡吹上町に編入。(3町30村)
  • 1943年(昭和18年)9月8日 - 寄居町が桜沢村および秩父郡白鳥村の一部を編入。(3町29村)
  • 1954年(昭和29年)11月3日(3町25村)
    • 三尻村・別府村・奈良村が熊谷市に編入。
    • 新会村・八基村が合併し、豊里村が発足。
  • 1955年(昭和30年)1月1日(2町11村)
    • 吉岡村が熊谷市に編入。
    • 深谷町・明戸村・幡羅村・大寄村・藤沢村が合併し、深谷市が発足、郡より離脱。
    • 妻沼町・長井村・秦村・男沼村・太田村が合併し、妻沼町が発足。
    • 岡部村・榛沢村・本郷村が合併し、岡部村が発足。
    • 御正村・小原村が合併し、江南村が発足。
    • 吉見村・市田村が合併し、大里村が発足。
    • 豊里村・中瀬村が合併し、豊里村が発足。
  • 1955年(昭和30年)2月11日(2町6村)
    • 寄居町・用土村・男衾村・折原村・鉢形村が合併し、寄居町が発足。
    • 武川村・本畠村が合併し、川本村が発足。
  • 1955年(昭和30年)10月1日 - 岡部村の一部が深谷市に編入。
  • 1956年(昭和31年)1月1日 - 寄居町の一部が比企郡小川町に編入。
  • 1968年(昭和43年)12月1日 - 岡部村が町制施行し岡部町となる。(3町5村)
  • 1973年(昭和48年)4月1日 - 豊里村が深谷市に編入。(3町4村)
  • 1977年(昭和52年)2月11日 - 川本村が町制施行し川本町となる。(4町3村)
  • 1983年(昭和58年)6月1日 - 花園村が町制施行し花園町となる。(5町2村)
  • 1985年(昭和60年)11月1日 - 江南村が町制施行し江南町となる。(6町1村)
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 大里村が町制施行し大里町となる。(7町)
  • 2005年(平成17年)10月1日 - 大里町・妻沼町が熊谷市と合併し、熊谷市が発足、郡より離脱。(5町)
  • 2006年(平成18年)1月1日 - 岡部町・川本町・花園町が深谷市と合併し、深谷市が発足、郡より離脱。(2町)
  • 2007年(平成19年)2月13日 - 江南町が熊谷市に編入。(1町)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 5248 today: 2
最終更新: 2008-10-14 (火) 13:29:46 (JST) (3229d) admin