大熊清 anchor.png Edit

  • 大熊清(おおくま きよし、1964年6月21日 - )は埼玉県浦和市(現:さいたま市緑区)出身の元サッカー選手、同指導者。現役時代のポジションはディフェンダー。
Page Top

経歴 anchor.png Edit

  • 1980年 浦和市立南高等学校(現在のさいたま市立浦和南高等学校)に入学。
  • 1983年 1月の全国高等学校サッカー選手権大会でベスト8に。中央大学に入学。
  • 1987年 東京ガスに入社し、同社フットボールクラブ(東京ガスFC)でプレー。
  • 1991年 チームがJSL2部に昇格。
  • 1992年 旧JFL1部に移行。この年の途中に入団したアマラオとプレーし、同年のシーズンを最後に引退。
  • 1993年 会社に籍を置いたまま、母校の中央大学サッカー部でコーチ。
  • 1994年 東京ガスFCで今井敏明監督の下でコーチ、同年末の天皇杯から指揮を代行。
  • 1995年 正式に東京ガスFC監督に就任。
  • 1997年 天皇杯でJリーグ3チームを破り、ベスト4に進出。
  • 1999年 クラブがFC東京としてプロ化し、Jリーグ2部に参加。東京ガス社員のままプロクラブの指揮を執り、同リーグ2位で翌年からの1部昇格を実現。
  • 2000年 4月、FC東京のJ1昇格直後の快進撃が認められ、アジアサッカー連盟(AFC)3月度月間最優秀監督賞を受賞。これは当時、Jクラブの監督で5人目、日本人に限ると3人目の快挙だった。
  • 2001年 同年の天皇杯限りでFC東京監督を退任し、後任の原博実に譲る。自らは強化部長代理に。
  • 2002年 日本サッカー協会技術委員に就任。8月、U-19(19歳以下)日本代表監督に就任。10月、カタールで開催されたAFCユース選手権で準優勝。
  • 2003年 11-12月、UAEで開催されたFIFAワールドユース選手権でU-20日本代表を指揮し、ベスト8に進出。
  • 2004年 9-10月、マレーシアで開催されたAFCユース選手権で3位。
  • 2005年 6月、オランダで開催されたワールドユース選手権でふたたびU-20日本代表を指揮し、未勝利ながらグループリーグを突破したものの、決勝トーナメント1回戦でモロッコに敗れ帰国。監督退任後はFC東京に強化部長代理として復帰した。
  • 2006年 7月31日に日本代表コーチに就任することがFC東京から発表された。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 1951 today: 1
最終更新: 2008-09-01 (月) 23:46:01 (JST) (3576d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で