草加宿 anchor.png Edit

草加宿(そうかしゅく)は、日本の近世にあたる江戸時代に整備され、栄えていた宿場町。現在の埼玉県草加市中心部に相当する。

日光街道の江戸・日本橋から数えて2番目の宿場である。

宿場の位置は、市役所の前に建つ地蔵堂付近から、神明一丁目の草加六丁目橋付近までの、県道足立・越谷線(昭和12年に新道として開通)の西を「箪笥の取っ手状の道」となっている一帯である。

慶長6年(1601年)に江戸に幕府を建てた徳川家康はすぐ全国的に街道の整備を行ったが、当時この一帯の街道筋は沼地が多かったため遠回りを余儀なくされ、花俣(現在の東京都足立区花畑)から八条(八潮市)に出て古利根川と元荒川の自然堤防に沿って越ヶ谷に至る経路であった。

慶長11年(1606年)になって、大川図書(ずしょ)が先頭に立ち、現在の旧街道筋にあたる低湿地を土、柳の木、葦などの草で埋め固め、千住〜越ケ谷間をほぼ一直線に結ぶ新往還道を築き上げた。このときの新道の築き方が「草加」という地名の由来と言われる。

当時千住〜越ケ谷間には宿場が無かったが、このルートが完成すると街道沿いに茶店や旅籠屋など旅人相手の商いを目指す人々が集るようになり、ついに寛永7年(1630年)、草加は千住宿に次ぐ2番目の宿、千住宿と越ケ谷宿の「間(あい)の宿」として取り立てられることになった。

開宿当初、戸数84戸、長さ685間、伝馬人足25人、駅馬25頭と小規模であったが、徐々に人口が増え、正徳3年(1713年)、草加宿総鎮守として市神(神明宮)が建てられると五・十の六斎市が開かれるようになり、近郷商圏の中心としても繁栄するようになった。

このころから享保年間(1716〜1736)にかけて急速に発達し、天保14年(1843年)調査の『宿村大概帳』によると、南北12町(約1.3km)の規模となり、本陣・脇本陣各1軒、旅籠屋67軒(大2、中30、小35)となっていた。これは、日光道中の城下町である宇都宮と古河を除けば、千住、越ヶ谷幸手に次ぐ規模である。

Page Top

草加せんべい anchor.png Edit

元々この一帯では稲作が盛んに行われており、農家では蒸した米をつぶし丸めて干したものに塩をまぶして焼き、間食として食べていた。江戸期に入り、この地に宿場が開かれ発展していくと、この塩味の煎餅が旅人向けの商品として売り出され、各地に広まることとなる。その後、利根川流域(千葉県野田市など)で生産された醤油で味をつけるようになり、現在の草加煎餅の原型となったといわれている。

現在、市内にはせんべいの製造所や販売所が60軒以上に及び、現在も草加の代名詞となっている。 製造工程は機械化されつつあるが、昔ながらの天日干しや手焼きで製造する所も少なからず存在する。

Page Top

隣の宿 anchor.png Edit

日光街道 千住宿 - 草加宿 - 越ヶ谷宿


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 1899 today: 1
最終更新: 2010-01-09 (土) 13:01:15 (JST) (2871d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で