川越城・河越城 anchor.png Edit

  • 川越城(かわごえじょう)は埼玉県川越市にある平城跡。江戸時代には川越藩の藩庁が置かれた。別名、河越城、初雁城、霧隠城。関東七名城の一つ。通常、川越城の名称を表記する場合、中世については河越城、近世以降は川越城と書かれる。
  • 現在、嘉永元年(1848年)に建られた本丸御殿の一部が現存する(埼玉県有形文化財)ほか、二の丸跡に市立博物館がある。また、埼玉県立川越高等学校の近くにやや小高い富士見櫓跡があるが、現在は小さな祠があるのみである。近年富士見櫓のものと思われる詳細な図面が見つかり復元へ一歩近づいたが図面によると二層であり、どのように建っていたか現在調査中である。富士見櫓=三層ではなく天主代わりをした宇都宮城清明台櫓と同様に考えると説明がつく。埼玉県指定史跡。藩政時代には、松平信綱(知恵伊豆)や柳沢吉保などのように幕府の要職についた歴代藩主もいたが、建造物は至って質素なもので川越城には富士見櫓のほか、菱櫓、二の丸には虎櫓があったのみである。
Page Top

歴史・沿革 anchor.png Edit

  • 長禄元年(1457年) - 河越城川越城)は、武蔵国が扇谷上杉氏と古河公方足利氏の勢力の接触点であったため、に足利氏の勢力に対抗する目的で上杉持朝が家老の太田道真、道灌父子に命じ、「道灌かがり」と呼ばれる手法で築かれる。
  • 大永5年(1525年) - 北条氏綱が河越城を奪取し、以降は北条氏の武蔵国支配の拠点となる。
  • 天文15年(1546年) - 河越城の奪還を巡って日本三大夜戦の一つとされる河越夜戦が起こる。
  • 天正18年(1590年) -豊臣秀吉による小田原征伐の際、前田利家の軍勢に攻められて落城。徳川家康が関東に封ぜられたのに伴い徳川氏家臣の酒井重忠が1万石をもって川越に封ぜられ、川越藩が立藩した。
    • 川越城主は、酒井家→酒井家→堀田家→大河内松平家→柳沢家→秋元家→越前松平家→松井松平家で明治維新を迎えた。なお川越藩で最大の石高を領したのは越前松平家の17万石である。江戸時代には川越城を中心に現在「小江戸」と呼ばれる城下町が形成された。城下は物資の集散地として栄え、商品は当時発達していた水運を利用し、新河岸川を通して江戸に運ばれた。ただし、現在の川越を象徴する蔵の街が出来たのは明治に大火に見舞われた後、耐火造りの商家がふえたためである。
  • 承応元年(1653年) - 大河内松平家松平信綱により、拡張工事を開始、寛文年間に完成。
  • 嘉永元年(1848年) - 越前松平家松平斉典により、現在残る本丸御殿の造営が行われる。
  • 明治3年(1870年)ごろ - 川越城の解体が始まる。
  • 大正14年(1924年) - 川越城跡が埼玉県指定史跡に指定される。
  • 昭和41年(1967年) - 本丸御殿が県指定有形文化財に指定される。
  • 平成18年(2006年) - 4月6日、日本100名城(19番)に選定され、翌年6月から全国規模の日本100名城スタンプラリーが開始された。
Page Top

考古資料 anchor.png Edit

  • 遺構
    • 現在、城址の大部分は市街地となっており、往時の姿を想像するのは難しいが、大広間を含む本丸御殿の一部が現存している事は特筆に値する。 本丸御殿は、嘉永元年(1848年)、松平斉典の時代に建てられたもので、当時は16棟、1025坪の規模をもっていた。明治に入ると多くの建物は解体され、現在残る建物は玄関・大広間部分と家老詰所のみとなっているが、本丸御殿大広間は川越城の他には高知城にしか現存せず、全国的に見ても貴重な遺構である。玄関・大広間部分は入間県県庁、入間郡公会所、更には煙草専売局淀橋支局川越分工場へと転用され、昭和8年(1933年)には川越武道奨励会の修練道場となり、名称も初雁武徳殿に変更、戦後は川越市立第二中学校(現在は初雁中学校)の校舎や屋内運動場として使用されていたが、昭和42年(1967年)、県指定有形文化財に指定された。家老詰所については、解体後上福岡市の民家に移築されていたのを再度移築したものであり、位置は以前とは異なっている。こちらも平成3年(1991年)に県指定有形文化財に追加指定された。
    • これ以外にも一部の土塁そして市内三久保町の成田山旧客殿、加須市むさしの村武芸館、東松山市葛袋民家の門計3棟が移築されていることが市立博物館発行の資料にあるが、加須市のものは取り壊されて現存しない。東松山市葛袋民家の門は川越城の裏門を移築した二層の長屋門のものといわれ、間口十四間、奥行き三間半、扉部が二間半の規模を持つ。川越城の移築門とされるのは、扉の天井部分等に今でも朱の跡が残されているためであり、城門由来の部材は扉のみである。また、川越市立博物館には川越城のものと言われる扉が保存されている(非公開)。あまり知られていないことであるが、郭町1丁目付近の住宅の裏には堀が残っている。
    • また、近くには天海僧正ゆかりの喜多院がある。幕府の庇護が篤く寛永15年(1638年)の大火で焼失した時は江戸城の建物が一部移築された。客殿には3代将軍家光誕生の間と言われている部屋があり、家光の乳母春日の局の間を含む書院も移築されている(いずれも国の重要文化財)。初期の江戸城の御殿建築と末期の(川越城)御殿建築を比較するうえで両者共貴重な遺構である。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 3034 today: 1
最終更新: 2008-10-18 (土) 12:39:14 (JST) (3109d) admin