西武秩父線 anchor.png Edit

西武秩父線(せいぶちちぶせん)は、埼玉県飯能市吾野駅埼玉県秩父市西武秩父駅とを結ぶ西武鉄道の鉄道路線である。

池袋線とともに池袋 - 西武秩父間を結ぶルートを形成しているが、運行系統上は飯能駅で分割されているため、飯能 - 吾野間も西武秩父線として扱われることが多く、起点が飯能駅であると思われたり、また多くの地図などでもそのような表記が見られるが、正しくは、飯能 - 吾野間は池袋線に属している。なお、西武有楽町線と同様に「西武」が正式名称として冠されている路線である。

武甲山から産出する石灰石を原料とするセメントの輸送と沿線の観光開発を目的に建設された路線である。正丸 - 芦ヶ久保間で正丸峠を越える山岳路線で、同区間に存在する正丸トンネル(延長4,811m)は、山岳トンネルとして建設当時日本の私鉄最長であった(現在、日本の大手私鉄最長の山岳トンネルは、近鉄大阪線の新青山トンネル(5,652m))。

戦前に吾野まで達していた池袋線を1969年(昭和44年)に武州鉄道との競合の末、延長したものである。

西武秩父線の開業により、西武鉄道では従来にない列車の運行を開始した。開業と同時に特急専用車両5000系「レッドアロー」を投入し、池袋 - 西武秩父間で全席指定の有料特急の運行を開始した。また、一般車両についても、25‰以上の連続勾配の介在する本路線を走破するため、大出力モーターに発電ブレーキや抑速ブレーキを装備した101系が投入され、電車の機構面でも一大エポックをもたらした。

貨物輸送においても、東横瀬(貨) - 池袋・国分寺・高麗間でセメント輸送のための最大1,000tの重量貨物列車が設定された。そのため、国鉄EF60形電気機関車に準じた性能を持つ民鉄最大のE851形電気機関車が新製投入されたが、1996年(平成8年)の貨物輸送終了とともにその役目を終えている。

なお、一時期は小鹿野町を経由して西武系リゾート施設の多い長野県北佐久郡軽井沢町まで路線を延伸する構想もあったが、実現はしなかった。西武秩父駅の構造はその名残りといわれている。

Page Top

歴史 anchor.png Edit

  • 1969年(昭和44年)10月14日 吾野 - 西武秩父間(19.0km)開業
  • 1989年(平成元年)4月1日 秩父鉄道秩父本線との連絡線開設、同線への乗り入れ開始
  • 1996年(平成8年)3月28日 新秋津 - 東横瀬(貨)間の貨物輸送廃止
  • 2003年(平成15年)3月12日 全線でワンマン運転開始。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2048 today: 1
最終更新: 2010-01-06 (水) 16:36:50 (JST) (3059d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で