西武園競輪場 anchor.png Edit

  • 西武園競輪場(せいぶえんけいりんじょう)は埼玉県所沢市にある競輪場。現在の主な主催は埼玉県。実施は日本自転車競技会東日本地区本部関東競技部。施設の所有者は西武鉄道。1周は400m。
  • 1950年(昭和25年)5月22日に開設。開設当初は村山競輪場だったが1954年(昭和29年)5月から西武園競輪場に変更となった。
  • 1992年(平成4年)6月から大規模な施設改修工事が開始され、1997年10月に完成。客席がすべて屋根で覆われた、独特の形状へと変貌した。
  • 西武園競輪場は、開設から特別競輪が多数開催されているが、全面改修以降は1998年に日本選手権競輪、2004年にオールスター競輪が開催されている。今後は2008年に読売新聞社杯全日本選抜競輪が開催される予定。 記念競輪(GIII)は毎年4月下旬に「ゴールド・ウイング賞」が開催されるのが恒例となっている。
  • 西武園競輪場の実況は東京電設工業の綿貫弘が担当しているが、鈴木丈之、相良徹、藤崎俊明各氏がピンチヒッターとして前半若しくは全レースを勤める場合もある。
  • 西武園競輪場は、一周400mの標準的バンクだが、カントの緩さと直線の短さからか333mバンクのような性格を持つ。逃げが有利からか早めに仕掛ける選手が多く、捲りは決まり難いと言われている。だが、早めの仕掛けのせいで3 - 4コーナーで足がいっぱいになる選手もいるので、捲り型の選手にチャンスが無い訳ではない。
  • なお西武園競輪場は元々500mバンクで始まっており、施設改修工事に伴って1994年(平成6年)8月より400mへと改修され現在に至っている。旧バンクを基にしてあるためカントが緩くなっている。
  • 西武園競輪場は、埼玉県所沢市川越市行田市秩父市が主催していたが、市主催での赤字が拡大しているため、秩父市が2005年度をもって撤退したのを皮切りに、所沢市行田市川越市も撤退を表明。このため、埼玉県大宮競輪場同様、2007年度より県単独の開催とし、日本トーターに運営を民間委託した。(川越市は当初2007年度は撤退とせず開催中止としていたが、民間委託が決まったことを受けて正式に撤退を表明した。)
  • 西武園競輪場は、田中誠作の競輪漫画「ギャンブルレーサー」では、主人公である競輪選手関優勝(せき まさかつ)のホームバンクという設定であった。そのため、記念競輪の2日目優秀競走は「ギャンブルレーサー関優勝牌(せきゆうしょうはい)」として開催されることがある。
  • 西武園競輪場は、埼玉西武ライオンズのシーズンオフの新人合同自主トレーニングの一環として自転車タイムトライアルが2002年から毎年行われている。なお新人以外の選手も自己志願すれば参加できる。
  • 西武園競輪場の南側に都県境があり、境を挟んだ住宅街が東村山市になる関係から、近隣の道路規制が他の競輪場と比べて厳しいため、自動車での来場は注意が必要。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2454 today: 1
最終更新: 2008-08-25 (月) 18:56:00 (JST) (3558d) take
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で