西武ドーム anchor.png Edit

  • 西武ドーム(せいぶドーム)は、日本の埼玉県所沢市にあるドーム球場。プロ野球・埼玉西武ライオンズが本拠地としている。西武鉄道が運営管理を行っている(一部メンテナンス業務は外部委託)。ドーム化前の呼称は西武ライオンズ球場で、通称は西武球場だった。
  • 2005年3月1日より球場名の命名権(ネーミングライツ)売却により、呼称に企業名を冠していたが、ネーミングライツ解約により、2008年1月9日からの呼称は本来の西武ドームとなっている。
  • 施設データ
    • 所在地:埼玉県所沢市大字上山口2135
    • 起工:1978年6月
    • 開場:1979年4月14日
    • 所有者:西武鉄道
    • グラウンド:透水性人工芝
    • 照明 照度
      • バッテリー間:2500ルクス
      • 内野:2000ルクス
      • 外野:1500ルクス
    • 設計者:池原研究室(球場建設)、鹿島建設(ドーム化工事)
    • 建設者:西武建設、鹿島建設(ドーム化工事)
    • 旧称
    • 使用チーム 開催試合
    • 収容能力
      • 35,879人 ※野球開催時:35,655人
    • グラウンドデータ
      • 球場規模 両翼 100 m(約328.1 ft)
      • 中堅 122 m(約400.3 ft)
      • フェンス 3.2 m(約10.5 ft)〜 4.37 m(約14.3 ft)
Page Top

概要 anchor.png Edit

  • 元々は「西武園球場」という小規模な球場で、アマチュア野球を中心に使用されていた。その後、プロ野球開催可能な貸し球場として1978年6月、改築工事に着手。その最中、国土計画がクラウンライターライオンズを買収、西武ライオンズと改称し、新球場を同球団の本拠地として使用することを決定。屋外球場西武ライオンズ球場として1979年に開業した。平地に普通に建設したのと違い、所沢の丘陵地を掘り起こして造成し建設に至った。観客は全て外野中央口からの入場となり、バックネット裏へは球場内のスタンド後部通路を通り、場内を半周しながら席に着くといった感じになる。こけら落としとなる初めての公式戦では福田赳夫元首相が始球式を務めた。
  • なお、西武園球場時代と現在ではフィールドの向きが反対であった。
Page Top

ドーム anchor.png Edit

  • 1999年に日本で5つ目のドーム球場として生まれ変わった。既存施設に後からドームの屋根を架設するという異例の建設方式によって作られた。1998年に観客席部分に屋根がついた第1次工事完了時に西武ドームと改称。ただしこの年はグラウンド部分がまだ屋根で覆われていなかったため、“ドーム”と名乗っていながら雨天で試合中止となったケースが何度かあった。同年シーズン終了後、グラウンド部分の屋根取り付け工事が行われ、翌1999年からは完全なドームの形状となった。
  • これにより“雨天”による試合中止はなくなったが、台風等があった場合に選手・観客の安全面を考慮して試合を中止することはあり、実際に2004年10月20日に予定されていた日本シリーズ・西武対中日の第4戦が台風の影響で中止、1日順延となっている(ドーム球場での日本シリーズ試合中止はこの時が初めてだった)。また、球場内に霧が立ち込めることもある。
  • 内陸の狭山丘陵に位置し、空調設備がないため、春先や秋口のナイトゲームとなると寒さを感じることも多い。そのため球場では定番のビールの売り上げは少なく、甘酒、おしるこ、ホットコーヒーが良く売れるのも特徴である。ただし夏(7月〜8月)は球場内が蒸し風呂状態になるためビールがよく売れる。寒いのは野外時代からであったが、ドーム化で一層寒くなったため、ナイターや雨の日などは防寒対策が必要になる。その一方、現存するドーム球場の中で最も低コストで作られ、最も環境に配慮された球場としてよく評価される。しかし、旧来の西武ファンからはドーム化を批判する意見も多い。
  • 実際には屋根つき球場であるが、他のドーム球場と違い屋根とスタンドの間に外観が見える吹き抜け形式で、自然の空気も取り込めることから、空調設備はない。そのため日本で唯一の場外ホームランの出るドーム球場の異名をもつ(実際、アレックス・カブレラはしばしば場外弾を打っている)。
  • 他の球場と同じく打球が天井に直撃した場合、インプレイのままフライとして扱われるが、アレックス・カブレラがホームラン性の天井直撃の当たりを連発したため、外野の天井に当たった場合はホームランとする新たなルールが作られた。その後カブレラは新ルール適用となる本塁打を放ち、レフトの天井に記念プレート、その延長線上となる球場外にはカブレラ地蔵(元々は文化放送ライオンズナイターの企画)が作られた。なお、カブレラ地蔵はカブレラのオリックス移籍に伴い、2008年3月17日に撤去予定である。
Page Top

観客席 anchor.png Edit

  • 外野席は全面人工芝席。ドーム化前は天然芝(芝生席)であったが、ドーム化以降は人工芝に変わっている。ドーム化前の天然芝による芝生席は基本的に芝生保護の関係上、公式戦開催期間中の週末・祝日・並びに夏休みのシーズンと優勝決定がかかった試合、日本シリーズのみに限定して開放していた。ドーム化の基礎として、観客席をドーナッツ状に覆う鉄傘部分が完成した1998年も外野席は天然芝だったが、鉄傘により日陰となった観客席の日照量が著しく落ちたため芝生が枯れ果ててしまった。
  • 西武ライオンズが勝利すると選手たちは、バックネット裏の「ビクトリーロード」といわれる階段を通ってロッカーに引き上げる。しかし、ビジターチームおよび敗戦時のライオンズはベンチ裏にある長い階段を通らなければならない。ファンにとっては選手とふれあうチャンスの場である。
  • この球場には、少数ではあるがクレジットカードによる支払い対応ができるビールの売り子もいる。ハンディタイプのCATクレジットカード処理端末を持ち歩いており、帽子にはクレディセゾン、ビザ、マスターカードの3つのロゴが入っている。
Page Top

ドーム球場の屋根 anchor.png Edit

  • 球場開き以後1997年までスコアボードの広告以外、フェンス・スタンドの広告は一切排除されてきたが、1998年にスタンド(観客席)の屋根部分に初めて広告看板が設置され、1999年の完全ドーム化でレフト・ライトのポール際のフェンスにそれぞれ4枚ずつの広告が貼り付けられるようになった。なお通常ドーム球場の外野席には巨大な広告看板が設置されているが、西武ドームの場合は先述のように既存球場に屋根を敷設した工法であることからそのような巨大看板が設置できないため、内外野席とも一般的な横長サイズの看板を設置している。なお、左翼側スタンド上の天井に設置されている文化放送(JOQR)の看板に打球を直撃させた選手には、同社から1000万円の賞金が出るが、未だ達成した選手はいない。
Page Top

2007年〜2008年の大改修 anchor.png Edit

  • 2007年度の年間観客動員数は12球団ワーストであり、既に他の球場でも新たな施設・仕組みが取り入れられていることもあって、西武ドームは2007年オフから大掛かりなリニューアルに入っている。
  • 2008年3月までに、前述のスコアボードを全面フルカラーに改めたほか、人工芝を世界初となるハイテク芝「アストロステージMJ」に張り替え、長さの違う二種類の人工芝を張ることによって、より景観を天然芝に近づけた。また、内外野のフェンスを従来の5倍の衝撃吸収性のあるラバーに張り替える工事が行われ、観客が使用するトイレもリニューアルしている。音響設備も新型の中型ラインアレイスピーカーに改められ、遠くまでクリアな音が聞こえるようになっている。総工費は13億円。
  • 2008年オフには第2期工事に着工する予定で、スタンド内のエレベーターの設置、テラスシートやフィールドシートの設置、内野席中段にトイレ、売店を作ることを発表している。こちらの総工費は17億円と発表されている。なお、2008年シーズン開幕時点においてフィールドシートの設置予定のスペースはすでに確保されており、それに伴いブルペンが若干移動され、これらによってファウルグラウンドが従来より狭まっている。
Page Top

命名権 anchor.png Edit

Page Top

プロ野球以外のイベント anchor.png Edit

  • アマチュア野球
    • 西武ドームではアマチュア野球の公式戦も行われている。
    • 社会人野球に於いては、毎年3月中旬に行われるJABA東京スポニチ大会の開催球場のひとつとなる。また全日本クラブ野球選手権大会の本大会が隔年で行われている(1979年から1995年までは西武球場・西武第三球場のみ。以降は隔年で地方開催)。都市対抗野球の予選が行われることもある。草野球では、ストロングリーグにより、2004年から全国軟式野球統一王座決定戦・ジャパンカップの全国大会に使用されている。
    • 高校野球に於いては、1981年から1991年までは全国高等学校野球選手権大会の埼玉大会の開催球場の一つとして使用された。これは、埼玉大会の参加校が急増していたことが背景にあり、埼玉県内の高校野球でメイン球場として使用する大宮市(現さいたま市大宮区)の埼玉県営大宮球場では、当時フィールドが狭隘の上に老朽化していたため開会式を行うのが困難になったのがその理由である。初年度の1981年、西武球場では開会式とその直後の試合のみが行われ、翌1982年からは準決勝以降の試合も西武球場で行われた。
    • 市立川口高校時代の斎藤雅樹、立教高校〔現・立教新座高校〕時代の長嶋一茂(共に元巨人)も埼玉大会で西武球場で熱戦を重ねた。しかし、県営大宮球場が1992年に改修されてからは、西武球場西武ドームが高校野球公式戦で使用されたケースはない。
  • コンサート
    • 何と言っても、毎年夏に行われていた渡辺美里のスタジアムライブ(1986年-2005年)が有名で、ライブ開催当日には西武鉄道による特別電車も運行されたほどである。
    • なお、東京近郊という立地条件の関係でアーティストの「ドームツアー」の中には含まれない事が多い。
    • 通常4大ドームツアーというと東京、名古屋、大阪、福岡を指している。5大ドームツアーはそれに札幌を加えたものになる。
    • コンサートを開催した主なアーティスト
      • 渡辺美里
      • 大江千里(ドーム化前)
      • SOPHIA
      • B'z
      • PIERROT
      • THE ALFEE
      • S.E.N.S.(ハーフタイムショーとして)
      • GLAY(ドーム化前)
      • 大瀧詠一(ドーム化前)
      • 長渕剛(ドーム化前)
      • Mr.Children(ドーム化前)
      • サザンオールスターズ(ドーム化前)
      • THE YELLOW MONKEY(ドーム化前)
      • ハウンド・ドッグ(ドーム化前)
      • QUEEN(ドーム化前)
      • RED WARRIORS(ドーム化前)
      • BUCK-TICK(ドーム化前)
      • 白井貴子(ドーム化前)
      • プリンセス・プリンセス(ドーム化前)
      • レベッカ(ドーム化前)
      • ピンク・レディー(ドーム化前)
  • 高校生クイズ
    • 日本テレビ系『全国高等学校クイズ選手権』の関東大会では、1984年の第2回大会から、西武ライオンズ球場で開催されてきた。ドームとなった現在でも、関東大会の会場として使用されている(一部の大会は除く)。
  • ゴルフ
    • 1996年にフジテレビ系列で放送した毎年恒例の真夏の祭典・FNSの日。その同日がこの年で10周年を迎えるのを記念して放送した『FNSの日・10周年記念 1億2500万人の超夢リンピック』のゴルフ予選会として開催した「ゴルフ・池ポチャアプローチ選手権」の会場がこの西武球場である。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 6286 today: 1
最終更新: 2008-04-16 (水) 17:57:36 (JST) (3689d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で