上田清司 anchor.png Edit

  • 上田 清司(うえだ きよし、1948年5月15日 - )は、日本の政治家。埼玉県知事(2期)。
  • 衆議院議員(3期)を務めた。
Page Top

経歴 anchor.png Edit

  • 1948年5月15日:福岡市生まれ。大牟田市に育つ。
  • 1967年3月:福岡県立三池高等学校卒業後、上京。4月法政大学法学部法律学科に入学。当初、司法試験を目指すが断念。2年生の時弁論部に入部し、熱心に活動する。この頃、同大学法学部政治学科の松下圭一教授の著作に親しむ。同教授の講義も聴き、それを契機として地方自治への関心も持つ。当時は、このような左派的な考え方にも理解を示す一方、黒い学生服を着て登校する硬派でもあった。また、ハンサムで竹を割ったような性格から女性にもすこぶるもてた。キャンパスで、学生運動の対立する2つのセクトが、内ゲバで乱闘をしているとき、「やめろ、やめろ、」と間に割って入っていったこともある。自身は学生運動には疑問を持っていたが、在学中、運動に巻き込まれ逮捕された後、故郷に帰って亡くなったひとりの後輩のことを今でも気にかけているという。
  • 1971年3月:法政大学法学部法律学科を卒業。
  • 所沢市で学習塾を開業する。テレビの青春ドラマの主人公のような熱血先生で、子供たちに慕われる。この頃、キャンディーズのファンで子供たちと一緒によくレコードを聴く。また、法政大学の後輩たちの面倒をよくみる。この時期、自民党入党した等のことがいわれるが、その事実はない。大学在学中から大学院卒業にかけて読んだ本は大変な量にのぼる。また、上田の開いた学習塾、向陽塾は今も後輩が受け継いで所沢市にある。
  • 1976年:新自由クラブ立党に参画。
  • 1977年3月:早稲田大学大学院政治学研究科を修了。
  • 1979年〜1986年:建設大学校(現・国土交通大学校)非常勤講師。この頃新自由クラブの青年局長等も務める。
  • 1980年6月22日:衆議院議員に新自由クラブ公認で立候補、落選。以後3回落選。
  • 1993年7月4日:衆議院議員選挙に新生党公認で旧埼玉5区から立候補(5回目)し初当選(同区で日本新党新人で後に新党さきがけ移籍する枝野幸男も初当選)。
  • 1996年10月20日:衆議院議員選挙に新進党公認で埼玉4区から立候補し自由民主党新人の早川忠孝を破り再選。
  • 2000年6月25日:衆議院議員選挙に民主党公認で埼玉4区から立候補し早川を連破し3選。
  • 2003年8月2日:埼玉県知事選に無所属での出馬を表明。
  • 2003年8月31日:島津昭、坂東眞理子、浜田卓二郎ら対立候補7人を破り、埼玉県知事に初当選。
  • 2007年8月26日:日本共産党前参議院議員の吉川春子との事実上の一騎打ちによる埼玉県知事選で当選(2期目)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2106 today: 1
最終更新: 2008-09-12 (金) 20:35:55 (JST) (3414d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で