松永東 anchor.png Edit

  • 松永 東(まつなが とう、1887年10月15日 - 1968年1月22日)は、日本の政治家・弁護士。第45代衆議院議長である。長崎県南高来郡北串山村(現雲仙市)出身。本名は「東」と書いて「はじめ」と読む。
  • 1909年、早稲田実業学校を卒業。その後、早稲田大学商学部、日本大学法学部をそれぞれ卒業し、弁護士になる。
  • 1949年、第3代早稲田実業学校校友会会長に就任。
  • 東京市会議員を経て、1932年第18回衆議院議員総選挙に旧埼玉1区から立憲民政党公認で立候補し初当選を果たす。以後当選9回。戦後は公職追放を経て、1952年第25回衆議院議員総選挙にて衆議院埼玉1区から衆議院議員選挙に出馬し当選、カムバックを果たす。その後、第45代衆議院議長に就任したが、わずか44日後に衆議院解散となり、議長在職日数45日間となり、日本国憲法下における通算議長在職日数で最短記録となった。
  • 1957年に、文部大臣に就任。
Page Top

家族・親族 anchor.png Edit

  • 松永光 養子。弁護士。衆議院議員。文部大臣・通産大臣・大蔵大臣等歴任。
  • 松山千恵子 実娘。埼玉県初の女性代議士。厚生政務次官・郵政政務次官を歴任。
  • 松山義雄 千恵子の夫。弁護士。埼玉県副知事。衆議院議員。
  • 舟橋功一 千恵子の娘・浩子の夫。弁護士。元埼玉県議会議員。現・川越市長。 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 1751 today: 2
最終更新: 2008-09-04 (木) 20:00:20 (JST) (3386d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で