小野伸二(浦和レッドダイヤモンズ選手) anchor.png Edit

小野 伸二(おの しんじ)1979年9月27日生、静岡県沼津市出身のサッカー選手。ポジションはMF(ミッドフィールダー)。

2001年7月から2006年1月までオランダの1部リーグ(エールディヴィジ)チームフェイエノールトに所属。2006年1月から古巣の浦和レッズに復帰。2001年7月19日、千恵子夫人と入籍。2004年12月19日、長女誕生。2007年次女誕生。

Page Top

来歴 anchor.png Edit

  • 小学生時代から「天才」と呼ばれ、1993年、13歳でU-16(16歳以下)日本代表に初選出されて以後、常に各年代の代表チームの中心選手として活躍した。1994年、第6回U-16アジアユース選手権で優勝し、1995年にはFIFA U-17世界選手権大会に出場している。
  • 清水商業高校でも主力となったが、全国高等学校サッカー選手権大会だけは縁がなく、一度も本大会出場を果たせなかった。しかし、1997年、高校3年生の時には全日本ユース選手権準優勝、インターハイベスト8、他校の選手と合同チームを組んだ国民体育大会では静岡県選抜・少年男子の部の2年連続優勝。この年の暮れに、卒業後にJリーグ浦和レッズ入団することを発表した。背番号は28。
  • 1998年 - にはアジアユース選手権で準優勝し、MVPを獲得。韓国とのワールドカップ共催記念試合で岡田武史監督に抜擢され、18歳でA代表初出場。フランスワールドカップの日本代表にも選出され、第3戦のジャマイカ戦に15分間の出場を果たした。浦和レッズにおいては、デビュー第2戦の横浜フリューゲルス戦でプロ入り初得点。このシーズンは9得点を挙げ、新人王とベストイレブンを受賞した。
  • 1999年 - 浦和レッズでの背番号を8に変更。FIFAワールドユース(ナイジェリア大会)では主将として準優勝(決勝戦は累積警告で出場停止)。ベストイレブンに選ばれた。しかし、シドニーオリンピックのアジア地区予選、フィリピンとの試合で後ろから悪質なカニバサミタックルをくらい左ヒザのじん帯を断絶するという重傷を負い、即入院し手術。リーグ戦の半分以上を欠場。リハビリを経てJリーグ復帰するが、この怪我はその後の多くの怪我を頻発させることになる。クラブも低迷をきわめJ2降格を食い止められなかった。
  • 2000年 - コンディション不良が続きシドニーオリンピックの本大会メンバーには選出されなかったが、アジアカップ(レバノン大会)の日本代表に選出。クラブでは主将としてチームを牽引、J2最終戦でJ1昇格を遂げた。
  • 2001年 - 日本で開催されたFIFAコンフェデレーションズカップで準優勝し、完全復活をアピールした。J1第1ステージ終了後にオランダの上位クラブチーム、フェイエノールトへの海外移籍を果たした。背番号は14。
  • 2002年 - 5月、フェイエノールトは2001-02UEFAカップ優勝を果たし、プロ入り後初となるクラブでのビッグタイトル獲得となった。6月の日韓ワールドカップでは虫垂炎を患いながらも全4試合に出場し、日本代表として史上初のベスト16進出。 8月に行われた2002-03UEFAチャンピオンズリーグ予備選ではフェネルバフチェと対戦。ホームとアウェイそれぞれで決勝ゴールを奪い、チームを本選へ導いた。自身にとっても、W杯で敗れたトルコ代表へのリベンジとなった。
  • 2003年 - アジアサッカー連盟(AFC)から前年度の年間最優秀選手に選出された。オランダでの3シーズン目は負傷欠場が多く、核を失ったチームもリーグ優勝を果たせなかった。
  • 2004年 - アテネオリンピックにオーバーエイジとして出場を果たし、1次リーグ3試合でPKによる2得点をあげたが、決勝トーナメント進出はならなかった。
  • 2005年 - クラブが財政難で主力がどんどん流出する中、チームのベテラン、最高額年俸選手としてゲームメーカー的な役割をこなしていたが、故障が多くなり、安定して試合に出れない時期も増え、クラブの財政難もあり、事実上の放出宣言をされ、自身が発表する前にクラブHPに退団決定報告が掲載された。
  • 2006年 - 1月13日に浦和レッズへの復帰が決定し、1月26日に正式契約を結んだ。背番号は18。6月、ドイツワールドカップ日本代表のメンバーとしてドイツへ。控えでのスタートとなったが、グループリーグ初戦、オーストラリア戦の後半33分、1対0で日本が1点リードしている状況で交代出場。チームはその後の数分間で3失点し、逆転負けを喫する。今大会の出場はこの試合のみに終わった[3]。12月、それまで怪我の治療のためにリーグ戦の戦列から離れ、身体を休ませていた甲斐もあって、天皇杯準々決勝のジュビロ磐田戦で大きな役割を果たした。痛みを押して途中出場し、一時は逆転となる2得点を決め、続く準決勝の鹿島アントラーズ戦では先発出場し先制得点を挙げ、決勝点もアシストし天皇杯優勝を果たす。
Page Top

所属チーム anchor.png Edit


 
この項目は、「注意事項」をお読みになり、ご理解して頂いた方であれば、どなたでも編集・加筆・訂正する事ができます。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2017 today: 1
最終更新: 2007-12-06 (木) 11:44:13 (JST) (3848d) admin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で