所沢駅 anchor.png Edit

  • 当駅周辺は所沢市中心部であり、駅を中心に市街地が広がっている。西口の駅前にはプロペ通りを始め、所沢西武、ダイエー、西友など大規模な商業施設が進出している。なお所沢市役所はこの駅からではなく隣の航空公園駅からが近い。当駅の東村山方からは西武鉄道の車輛工場(西武所沢工場)への線路が分岐していたが、車輛工場の廃止に伴い、現在は線路は撤去されている(道路を跨ぐ部分はレール撤去の上整地)。当駅の東口は1983年(昭和58年)になってはじめて開設されたため、西口に比べて閑静な街並となっているが、関西方面や成田空港などへのバスや多くの一般の路線バスが発着する。西口にも路線バスが発着しているが、西口発着の路線は付近の道路渋滞による影響もあり、多くが東口発着や他駅発着に変更され、松が丘住宅など一部の路線だけに縮小している。
  • 所沢駅南側にある踏切は新宿線と池袋線が通り、飯能寄りに留置線もあるため、距離の長い開かずの踏切となっている。そのため、遮断機が降りかかっているにもかかわらず強引に渡ろうとする者が出るため、自動の踏切だが西口側には係員がいることがある。この踏切を避けるために歩行者の多いプロペ通りを通り、北側の踏切を利用する車がある。
  • 現在、西武グループによる駅上空の空きスペースや東口の用地を利用した再開発が行われる予定がある。
Page Top

利用可能な鉄道路線 anchor.png Edit

  • 西武鉄道 - 新宿線 - 池袋線
  • このほかに、JR武蔵野線新秋津駅への連絡線が分岐している。武蔵野線開業後、この連絡線を使って貨物列車の受け渡しが行われたが、貨物列車の廃止後は新車の搬入や他社へ譲渡する中古車の搬出用(車両輸送)に使われている。孤立路線である多摩川線の車両の出入もこの連絡線を通じて行われていたが、中央線と接続する武蔵境駅の高架化工事で線路が分断したため、中止されている。
Page Top

利用状況 anchor.png Edit

  • 1日平均の乗降人員
    • 2005年度:91,815人
    • 2006年度:92,735人
    • 2007年度:94,609人(西武鉄道全92駅中6位)
Page Top

歴史 anchor.png Edit

  • 1895年(明治28年)3月21日 - 開業。
  • 1915年(大正4年)4月15日 - 武蔵野鉄道開業。共用開始に伴い川越鉄道が駅業務担当。
  • 1958年(昭和33年)12月19日 - 新宿線柳瀬信号所〜所沢間複線運転開始。
  • 1960年(昭和35年)5月25日 - 池袋線秋津〜所沢間複線運転開始。
  • 1963年(昭和38年)11月1日 - 池袋線池袋〜所沢間で私鉄初の10両編成運転開始。
  • 1965年(昭和40年)11月5日 - 池袋線所沢〜西所沢間複線運転開始。
  • 1967年(昭和42年)10月27日 - 新宿線所沢〜新所沢間複線運転開始。
  • 1983年(昭和58年)4月5日 - 東口仮駅舎と跨線橋使用開始。東口が開設される。
  • 1989年(平成元年)9月11日 - 駅構内の大幅な改良工事が実施される。
  • 1989年(平成元年)11月25日 - 所沢ステーションビル、西武総合案内所開設。
  • 1990年(平成2年)8月1日 - 北側(本川越・池袋方)乗換跨線橋使用開始。
  • 2000年(平成12年)12月22日 - 所沢駅の南口改札(西武口)と東口改札を統合し、新改札口を開設(現南口)。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2878 today: 2
最終更新: 2008-09-25 (木) 13:20:47 (JST) (3401d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で