山本容子 anchor.png Edit

  • 山本 容子(やまもと ようこ、1952年4月7日 -)は、日本の銅版画家。
  • 山本容子の作品は、柔らかく繊細な描線と独特の色使いが特徴で、都会的で洗練された雰囲気を持つ。
  • 版画家としてはすでに一家をなしていたが、編集者・安原顯の依頼により1984年〜1985年にかけて『マリ・クレール』に連載された吉本ばななの小説『TUGUMI』の挿画を手がけ、単行本化されると表紙絵も担当。同書が累計167万部ものベストセラーとなり、山本の名前も広く知られるようになる。(なお、安原はこの売上げの多くは、山本の挿画の魅力によるものだと語っている。)
  • それ以降、山本容子は多数の書籍の装丁や挿画、アクセサリー、食器、舞台衣装のデザインなどの幅広い分野の作品を発表している。
  • また、美術以外の分野でも、旅行、音楽などについての挿画を交えたエッセイを多数出版しているほか、1999年のネスカフェ・ゴールドブレンドを初めとするCM出演や、2005年のベストジーニスト受賞など、その活動は精力的で、多岐にわたる。
  • 山本容子は、愛犬家としても知られ、2007年2月11日に開設された公式ウェブサイトは、かつての愛犬の名を取ってLUCAS MUSEUMと名付けられている。
Page Top

略歴 anchor.png Edit

  • 1952年 4月、福喜鮨創業者山本喜五郎の孫として埼玉県浦和市民病院で生まれる。父は当時埼玉の鉄工所に勤務していたが、後に奈良県生駒市で山本旅館の経営を引き継ぐ傍ら、化学の研究をおこなった。生後50日で山本旅館に移り住む。
  • 1952年 8月、大阪府堺市大浜中町に転居。
  • 1959年 4月、堺市立大浜小学校入学。
  • 1961年 一家の破産により、東京都練馬区に転居。練馬区立田柄小学校に転校。
  • 1963年 大阪府門真市に転居。門真市立大和田小学校に転校。
  • 1964年 父が愛人を作って家から出たため、母がお好み焼き屋を始めて家計を支える。
  • 1965年 4月、聖母女学院中学校に入学。
  • 1966年 カトリックの洗礼を受け、洗礼名ベルナデッタを授かる。
  • 1972年 4月、浪人生活を経て京都市立芸術大学美術学部西洋画科に入学。
  • 1975年 5月、第27回京展紫賞受賞。6月、京都のアート・コアギャラリーにて初個展を開く。
  • 1976年 6月、第1回アート・コア賞受賞。
  • 1977年 7月、第2回京都洋画版画美術展で新人賞受賞。10月、第2回現代版画コンクール展でコンクール賞受賞。
  • 1978年 1月、大学院の先輩にあたる4歳上の版画家の田中孝と結婚。京都の公団住宅に住む。3月、京都市立芸術大学美術学部西洋画専攻科修了。9月、第2回日本現代版画大賞展で西武賞受賞。
  • 1980年 3月、京都市芸術新人賞受賞。10月、エイボン女性年度賞芸術賞受賞。
  • 1982年 7月、田中と離婚。
  • 1983年 第4回韓国国際版画ビエンナーレで優秀賞受賞。妻子ある21歳上の美術評論家中原佑介と同棲。
  • 1985年 5月、東京都港区南青山に転居。
  • 1986年 8月、神奈川県鎌倉市に転居。
  • 1992年 『Lの贈り物』で第23回講談社出版ブックデザイン賞受賞。
  • 1996年 2歳下のテレビディレクター氏家力と結婚。
  • 2004年 5月、氏家と離婚。
Page Top

山本容子の主要な著作 anchor.png Edit

  • わたしの時間旅行(2003年3月、マガジンハウス、ISBN 978-4838714292)
  • マイ・ストーリー(2004年9月17日、新潮社、ISBN 978-4101311517)
  • 山本容子のジャズ絵本 Jazzing(2006年10月4日、講談社、ISBN 978-4062135924 )
  • パリ散歩画帖(2006年10月31日、阪急コミュニケーションズ、ISBN 978-4484062372)
  • 山本容子の食物語り(2007年4月、清流出版、ISBN 978-4860292003)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2733 today: 1
最終更新: 2008-08-28 (木) 15:20:38 (JST) (3429d) take
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で