埼京線 anchor.png Edit

  • 埼京線(さいきょうせん)は、東京都品川区の大崎駅から埼玉県さいたま市大宮区大宮駅を結ぶ、東日本旅客鉄道(JR東日本)の近距離列車の運転系統名称(鉄道路線)である。
  • 埼京線」は、複数の鉄道路線にまたがって直通運行される本路線の案内上付与された運転系統名であって、「埼京線」という線路名称が正式に制定されているわけではない。
  • 埼京線を構成する鉄道路線の正式名称は、大崎駅から池袋駅までが山手線(山手貨物線)、池袋駅から赤羽駅までが赤羽線、赤羽駅から大宮駅までが東北本線の支線(別線)であるが、広義には一体の運転系統を構成する川越線大宮 - 川越間をも含む。こうした現象は、京浜東北線・横浜線と根岸線の関係と同様のものである。
  • 大崎駅では、2002年から東京臨海高速鉄道りんかい線と相互直通運転を実施しており、新木場駅まで埼京線の車両が乗り入れている。
  • 名称については埼玉県と東京都からそれぞれ1字ずつ取ったものである。本来ならば、「京葉線」のように起点側の「京」の方が先になるのが普通であるが、新幹線建設の見返りとして開業した区間(赤羽 - 大宮)のうちかなりを占める埼玉県側に配慮して「埼」の文字が頭に来ている。両者を合わせた地域を指す「京埼(けいき)」・「東埼(とうさい)」という用語も存在するが、これらは一部の橋梁名や広告で見られる程度である。また、「さいきょう」という読み方は湯桶読みである。当時の日本国有鉄道(国鉄)においては長らく複数の地名から一文字ずつを取った路線名は実際の読み方にかかわらず音読みもしくは訓読みのいずれかに揃える習慣があったが、この時期には実際に地名に即した読み方を優先するようになった。また、「なくてはならない最強(さいきょう)の路線になれるように」という願いを込めて命名したという説もあり、開業前に国鉄が「史上最強の路線」とPRしていた。現に埼京線は、首都圏では山手線に次いで第2位の乗車率となっている。
  • 赤羽駅付近から北与野駅 - 大宮駅間までの区間では東北新幹線と並走しており、高架上を走る。北与野駅のホーム北側から高架を下り始め、そのまま大宮駅の地下ホームに滑り込む。
  • 車窓の風景は変化に富み、都心のショッピング街、オフィス街、住宅地、広大な荒川土手、高架から遠くに望む山々、さらに乗り入れ先のりんかい線と川越線も含めると海や田圃を見ることもできる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2521 today: 1
最終更新: 2008-08-24 (日) 01:04:45 (JST) (3374d) take
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で