高崎線 anchor.png Edit

  • 高崎線(たかさきせん)は、埼玉県さいたま市大宮区大宮駅から群馬県高崎市の高崎駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。
Page Top

高崎線路線データ anchor.png Edit

  • 管轄(事業種別):東日本旅客鉄道(第一種鉄道事業者)・日本貨物鉄道(第二種鉄道事業者)
  • 区間(営業キロ):大宮〜高崎 74.7km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:19(起終点駅を含む)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 閉塞方式:(複線)自動閉塞式
  • 最高速度:110km/h
Page Top

高崎線概要 anchor.png Edit

  • 大宮駅以南は全列車が東北本線に乗り入れ、うち約7割の列車は上野駅を始発・終着駅とする。また、その他約3割は田端駅から山手線(池袋・新宿・渋谷)経由で東海道本線に乗り入れ、平塚駅・国府津駅・小田原駅を始発・終着駅とする。一般的に、前者を高崎線列車、後者を湘南新宿ライン(東海道線直通・高崎線直通)と称す。この高崎線列車の2割程度は高崎から上越線へと乗り入れ、さらに両毛線や吾妻線(吾妻線は特急のみ)へも直通するため、上野〜大宮間の東北本線区間を含め、駅構内の案内板や時刻表等では高崎(線)・上越線と表記されることが多い。なお、E231系のLED案内では、上越線新前橋駅まで直通する列車には高崎線、両毛線前橋駅まで直通する列車には高崎・両毛線というように、上越線は省略して表示される。以上のとおり、運転系統上は、概ね大宮〜高崎間を走行する列車群を総じて高崎線列車と呼称している。
  • 路線名には群馬県高崎市や高崎駅の「高崎」を冠し、管轄もJR東日本高崎支社であるが、経路上の多くの都市(上尾桶川北本鴻巣熊谷深谷本庄)が埼玉県にあり、高崎線の南側ではむしろ埼玉県と東京間の地域輸送に機能が偏重している。
  • 当路線は国道17号中山道)とほぼ並走し、一部区間を除き同じ市町村を経由している。
Page Top

'高崎線'沿線風景 anchor.png Edit

  • 大宮熊谷
    • 大宮を出ると大宮総合車両センターを挟んだ西側を東北新幹線・上越新幹線・ニューシャトルの高架が並走する。すぐに東北本線が東にカーブしながら分岐する。大宮駅起点の高崎線が直線で、一方の上野駅(東京駅)を起点とする本線である東北本線が分岐しているかのような構造になっているのは、現在の高崎線に当たる路線が上野駅起点として建設され、第2期線として大宮駅から分岐して現在の東北本線が建設された歴史を示すものである(その後、上野駅〜大宮駅間は東北本線と制定される。間もなく大宮駅地下ホームから川越線が地上に出て並走すると、鉄道博物館の東側を通過する。その後、すぐに新幹線・ニューシャトルおよび国道17号の高架が高崎線を跨いで東側に緩くカーブしながら離れていく。並走する川越線が西側に離れると程なく宮原駅に到着する。宮原駅を出ると区画された新興住宅地の中を北西に進んでいく。時折、田畑や林を垣間見ながらマンション群の中を進み上尾駅に到着する。北上尾駅桶川駅と新興住宅地の中を進み、市街地が途切れ、宅地の合間に畑地を見ながら北本駅、複合商業施設エルミこうのすが見えて来ると鴻巣駅に着く。この辺りから田畑が目立つようになり、利根大堰から導水される武蔵水路を渡って北鴻巣駅を過ぎ、列車は元荒川沿いを北西に進み緩く西にカーブして民家が増えて来ると吹上駅に着く。吹上駅を出ると元荒川を渡って右にカーブを切り、荒川の東側の田畑の中を荒川に沿うように並走して行田駅に着く。行田駅を出ると蛇行する元荒川を2回渡り、熊谷市久下の田畑地帯を北西に疾走して秩父鉄道、次いで上越新幹線が東側から乗り越していくと熊谷駅に着く。
  • 熊谷〜高崎
    • 熊谷駅を出ると、上越新幹線の高架および秩父鉄道と暫く並走する。タイミングが合えば、秩父鉄道のパレオエクスプレス(SL列車)を間近で見ることができる。高崎線秩父鉄道の間にある使われていない線路は東武熊谷線跡である。その後、高崎線は北側にカーブを切って両線から分かれる。田園地帯をしばらく北東に進むと熊谷貨物ターミナル駅を過ぎる。貨物ターミナルでは、本線の下り線のみ、貨物ターミナルをオーバークロスして越えた後、貨物専用線秩父鉄道三ヶ尻線と並行し、程なく三ヶ尻線が分かれていき、分岐した側に回送線が延びて籠原駅に至る。籠原駅を出ると、高崎車両センター籠原派出所・籠原運輸区が広がり、多くの列車が待機している。しばらく、住宅街と工業地の合間を抜けて唐沢川を渡り深谷駅に着く。深谷市は東京駅に使われたレンガを製造した地で、それにちなみ、現在の深谷駅舎は東京駅をモチーフにしたデザインとなっている。深谷市街地を抜けて再び畑地の中を進んでしばらく行くと岡部駅に着く。田園地帯の中に埼玉工業大学のキャンパスが建つのを見ることができる。田畑の中を西北西に進み、藤治川、志戸川、小山川、女堀川を次々と渡って宅地に入ると間もなく本庄駅に着く。住宅地に次いで工場地を抜けると神保原駅を過ぎ、田圃の中を走って神流川を渡り宅地に入ると間もなく新町駅に着く。工場地を過ぎて温井川を渡り、宅地と畑地を見ながら進むと南側から八高線が接近し合流する。合流地点には八高線側に北藤岡駅があるが、高崎線にホームはない。その後、すぐに右にカーブを切り烏川を渡ると今度は左にカーブを切り高崎東部工業団地を抜けると倉賀野駅に着く。倉賀野駅を出て国道17号をくぐり高崎機関区を過ぎて右にカーブすると程なく高崎駅に着く。
Page Top

高崎線歴史 anchor.png Edit

  • 日本初の私鉄である日本鉄道の第1期線として、1883年(明治16年)に上野〜熊谷間で仮営業を開始したのが始まりである。翌1884年には高崎・前橋まで延長され、全通した。高崎まで開通した6月25日には、明治天皇臨席のもと上野駅で開通式が行われ、この際に明治天皇は上野〜高崎間を往復乗車した。現在も上野を列車運行上の起点とし、さらに前橋に直通する列車が設定されているのもこの経緯に由来する。
  • なお、同社初の路線としてこの路線が開業した背景には、殖産興業の外貨獲得の一環として養蚕業と製糸業の盛んな群馬県から貿易港の横浜まで製品を運ぶ手段が必要とされたことと、同線が当時東西両京を結ぶ主要鉄道と位置付けられた中山道鉄道(後に両京を結ぶ鉄道の岐阜以東は東海道経由へと変更された)の第1区を形成することがあった。しかし、政府財政の窮乏のために建設が遅れ、株式会社である日本鉄道が代わって建設したのである。
  • 第2期線である東北本線を分岐するため大宮駅が開設されたのは、さらにその翌1885年のことである。
  • 1906年には、日本鉄道が鉄道国有法により買収・国有化され、本路線も官設鉄道に編入された。大宮〜高崎間が高崎線として分離されたのは、3年後の1909年の国有鉄道線路名称設定時である。
  • なお、当初は上越線の開通後に上越線・高崎線を合わせて「上越本線」とする構想もあったが(そのため、上越線のキロポストは高崎線から連続している)、上越線全通前は先に開通していた長野経由で新潟県へと至る信越本線が高崎線と一体化した運行形態をとっていて、上越線全通後もそちらへ直通する列車が多く設定されていたことや、列車運行上・案内上は、一切意識されていないものの、前述の国有鉄道線路名称設定の名残で高崎線は「東北本線の支線」との定義のため、結局両線とも改称されずに現在に至っている。
  • 東北新幹線建設の際、地元住民への見返りとして建設された通勤新線(現在の埼京線が走る路線であり東北本線の枝線:赤羽駅〜武蔵浦和駅大宮駅)は、宮原から高崎線へ乗り入れる計画があり、一部工事も行われたが、埼京線の車両基地候補であった戸田周辺の用地買収が難航、そのため当初の乗入予定の高崎線内に車両基地を設置できるか検討したものの断念、急遽川越線を電化し、沿線に車両基地を建設した上で、埼京線を乗り入れさせることになったため、この計画は中止された。しかし、大宮〜宮原間に取得した乗り入れのための複々線化用地は、一部を除いてJR化後の現在も維持されている。また、上尾市さいたま市との合併協議(その後合併協議は中止)の際、これを利用した埼京線もしくは京浜東北線の上尾延伸を見返りとして要求していた。
Page Top

高崎線路線の沿革 anchor.png Edit

  • 1883年(明治16年)7月28日 -【開業】日本鉄道 上野〜熊谷 【駅新設】上野、王子、浦和、上尾、鴻巣、熊谷
  • 1883年(明治16年)10月21日 -【延伸開業】熊谷〜本庄 【駅新設】深谷、本庄
  • 1883年(明治16年)12月27日 -【延伸開業】本庄〜新町 【駅新設】新町
  • 1884年(明治17年)5月1日 -【延伸開業】新町〜高崎 【駅新設】高崎
  • 1884年(明治17年)8月20日 -【延伸開業・全通】高崎〜前橋 【駅新設】前橋
  • 1885年(明治18年)3月1日 -【駅新設】赤羽、桶川、吹上
  • 1885年(明治18年)3月16日 -【駅新設】大宮
  • 1894年(明治27年)5月1日 -【駅新設】倉賀野
  • 1897年(明治30年)11月15日 -【駅新設】神保原
  • 1906年(明治39年)11月1日 -【買収・国有化】日本鉄道 → 官設鉄道
  • 1908年(明治41年)5月1日 -【信号所新設】加茂宮
  • 1909年(明治42年)10月12日 -【国有鉄道線路名称設定】高崎線 大宮〜高崎(この区間を分離。上野〜大宮間は東北本線、高崎〜前橋間は両毛線に編入)
  • 1909年(明治42年)12月16日 -【駅新設】籠原、岡部
  • 1918年(大正7年)8月16日 -【信号所新設】本宿
  • 1922年(大正11年)4月1日 -【信号所 → 信号場】加茂宮、本宿
  • 1927年(昭和2年)8月9日 -【複線化】加茂宮(信)〜上尾
  • 1927年(昭和2年)10月15日 -【複線化】上尾〜桶川
  • 1927年(昭和2年)11月20日 -【複線化】大宮〜加茂宮(信)
  • 1928年(昭和3年)2月1日 -【複線化】桶川〜本宿(信)
  • 1928年(昭和3年)3月30日 -【複線化】鴻巣〜吹上
  • 1928年(昭和3年)5月1日 -【複線化】倉賀野〜高崎
  • 1928年(昭和3年)6月1日 -【複線化】本宿(信)〜鴻巣
  • 1928年(昭和3年)7月1日 -【複線化】吹上〜熊谷
  • 1928年(昭和3年)8月1日 -【信号所 → 駅・改称】本宿 → 北本宿
  • 1928年(昭和3年)12月26日 -【複線化】深谷〜岡部
  • 1929年(昭和4年)5月1日 -【複線化】熊谷〜籠原
  • 1929年(昭和4年)7月10日 -【複線化】籠原〜深谷
  • 1929年(昭和4年)8月6日 -【複線化】本庄〜神保原
  • 1930年(昭和5年)5月16日 -【複線化】神保原〜新町
  • 1930年(昭和5年)6月12日 -【複線化】岡部〜本庄
  • 1930年(昭和5年)10月15日 -【仮信号所新設】小野(八高北線の分岐点)
  • 1930年(昭和5年)10月16日 -【複線化】新町〜倉賀野
  • 1931年(昭和6年)7月1日 -【仮信号所 → 信号場】小野
  • 1943年(昭和18年)10月1日 -【操車場新設】高崎
  • 1947年(昭和22年)1月22日 -【信号場廃止】加茂宮
  • 1947年(昭和22年)4月1日 -【電化】高崎(操)〜高崎(〜水上)
  • 1948年(昭和23年)7月15日 -【駅新設】宮原(旧加茂宮信号場の位置)
  • 1952年(昭和27年)4月1日 -【電化】大宮〜高崎(操)
  • 1961年(昭和36年)2月21日 -【信号場廃止】小野(八高線北藤岡駅構内に併合)
  • 1961年(昭和36年)3月20日 -【駅名改称】北本宿 → 北本
  • 1966年(昭和41年)7月1日 -【駅新設】行田
  • 1979年(昭和54年)10月1日 -【駅新設】(貨)熊谷貨物ターミナル
  • 1982年(昭和57年)11月15日 - 上越新幹線開業
  • 1984年(昭和59年)11月3日 -【駅新設】北鴻巣
  • 1987年(昭和62年)4月1日 -【承継】東日本旅客鉄道(第1種)・日本貨物鉄道(第2種)
  • 1988年(昭和63年)12月17日 -【駅新設】北上尾
  • 1997年(平成9年)10月1日 - 北陸新幹線開業
  • 2000年(平成12年)4月1日 -【駅新設】さいたま新都心
  • 2001年(平成13年)9月1日 - E231系の高崎線での営業運転開始。
  • 2001年(平成13年)12月1日 - 湘南新宿ラインとして一部列車が東海道線へ直通運転開始。
  • 2004年(平成16年)6月1日 - 高崎運転所を高崎車両センターへ改組。
  • 2004年(平成16年)12月19日 - 大宮〜神保原間に東京圏輸送管理システム(ATOS)導入
  • 2005年(平成17年)12月10日 - 新前橋電車区検修部門を高崎車両センターと統合。乗務員区を高崎運輸区・新前橋運輸区に改組。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 4926 today: 2
最終更新: 2008-09-25 (木) 20:53:37 (JST) (3366d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で