埼玉県幸手市 anchor.png Edit

  • 幸手市(さってし)は、埼玉県東部の北寄りに位置する人口約5万人の市。埼玉県の市の中では人口が最も少ない。
  • 江戸時代から、日光御成街道と日光街道(奥州街道)の合流点に位置する宿場町として栄えていた。市内には徳川将軍が日光東照宮へ墓参する際に立ち寄った聖福寺や明治天皇が行幸した折に宿泊した行在所跡が残る。
  • 関東平野のほぼ中央にあり、東京都心からの距離は約50kmである。利根川に近く全域が海抜15m以下の低地となっており、自然堤防などの微高地を除いて一般に土地の起伏はほとんどみられない。
  • 市の西寄りを南北に東武日光線と国道4号が縦断しており、東武日光線幸手駅とその東側の旧道(旧・日光街道)、国道4号を中心に宅地を中心とする市街地が広がる。市街地の外側では水田地帯中に集落が散在している。
  • 近年は市南西部の国道4号沿いに多くの郊外型店舗が出店しており、2006年には大規模なショッピングセンターも開店した。
  • 幸手の地名は、この地に日本武尊が東征に際して「薩手が島」に上陸、田宮の雷電神社に農業神を祭ったという言い伝えが残っており、「幸手」の市名はその薩手(さって)に由来すると伝えられている。
  • 鎌倉時代から江戸時代の初めにかけては古河公方の家臣一色氏の領地であったが、その後、大部分は天領に、関宿向川岸・槙野地は下総国関宿領となった。このころ、五街道が整備され、日光街道宿場町として現在の市街地の基盤が形成される。
Page Top

概要 anchor.png Edit

  • 面積 33.95 km2
  • 総人口 53,541人(推計人口、2007年10月1日)
  • 人口密度 1,580人/km2
  • 市の木 マキ
  • 市の花 サクラ
  • 幸手市役所
Page Top

歴史 anchor.png Edit

  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制の施行に伴い、幸手宿、内国府間村が合併し北葛飾郡幸手町となる(現在の中・北・西・南・東・緑台・大字幸手・大字内国府間の地域)。
  • 明治28年(1895年)3月30日 - 千葉県東葛飾郡関宿町大字向河岸及び大字向下河岸を中葛飾郡豊岡村に移管し、大字西関宿とする。
  • 大正6年(1917年) - 北葛飾郡桜井村大字細野を北葛飾郡吉田村に移管する。
  • 昭和4年(1929年)4月1日 - 東武日光線幸手駅が開業。
  • 昭和29年(1954年)11月3日 - 旧幸手町、行幸村、上高野村、吉田村、権現堂川村が合併し、幸手町となる。
  • 昭和30年(1955年)
    • 1月1日 - 桜田(さくらだ)村の一部(中川崎・下川崎)が合併。
    • 4月1日 - 八代(やしろ)村、豊岡(とよおか)村の一部(中島・花島・槙野地・西関宿)が合併する。
  • 昭和31年(1956年)1月1日・9月1日 - 大字戸島の一部(現在の杉戸町大字本島)を杉戸町に移管し、現在の市域となる。
  • 昭和61年(1986年)10月1日 - 市制施行。
Page Top

行政 anchor.png Edit

  • 市長:町田英夫(2003年11月9日 - 2期目)
Page Top

教育 anchor.png Edit

  • 小学校
    • 幸手市立幸手小学校
    • 幸手市立権現堂川小学校
    • 幸手市立上高野小学校
    • 幸手市立吉田小学校
    • 幸手市立八代小学校
    • 幸手市立行幸小学校
    • 幸手市立さかえ小学校
    • 幸手市立長倉小学校
    • 幸手市立さくら小学校
    • 幸手市立香日向小学校
  • 中学校
    • 幸手市立幸手中学校
    • 幸手市立東中学校
    • 幸手市立栄中学校
    • 幸手市立西中学校
  • 高等学校
    • 埼玉県立幸手商業高等学校
    • 埼玉県立幸手高等学校
  • 専修学校
    • 幸手准看護学校
Page Top

交通 anchor.png Edit

  • 鉄道
    • 東武日光線 - 幸手駅
  • バス
    • 朝日自動車(路線バス)
    • 中田観光バス(路線バス)
    • 東埼玉観光バス(幸手市内循環バス)
  • 道路
    • 一般国道
      • 国道4号
      • 新4号国道 春日部古河バイパス
    • 埼玉県道
      • 茨城県道・千葉県道・埼玉県道26号境杉戸線
      • 埼玉県道65号さいたま幸手線(日光御成街道)
      • 埼玉県道152号加須幸手線
      • 埼玉県道153号幸手久喜線
      • 埼玉県道・茨城県道267号幸手境線
      • 埼玉県道・茨城県道268号西関宿栗橋線
      • 埼玉県道371号下吉羽幸手線
      • 埼玉県道383号惣新田幸手線
      • 埼玉県道414号幸手停車場線
Page Top

名所・旧跡・観光スポット anchor.png Edit

  • 権現堂堤(桜土手)・桜まつり
    • 幸手の春の訪れを告げる権現堂堤の桜が咲きそろう4月、幸手恒例の桜まつりが開催されます。埼玉の音風景・かおり風景十選に選ばれた幸手の桜と菜の花。薄紅に染まった満開の桜が形作る花のトンネルや堤周辺に作付けされた菜の花畑が、詰めかける大勢の花見客を迎えてくれます。
  • 行幸湖(権現堂川・権現堂調整池)
    • 2004年彩の国まごころ国体カヌー競技開催。行幸(みゆき)湖は、大規模な埼玉県営公園として整備が進められています。権現堂大噴水(スカイウォーター120)は、120年を迎えた埼玉県を象徴するために、噴水の噴き上げ高も120フィート(36.6m)。迫力満点です。また、水辺の遊歩道など、うるおいとやすらぎにあふれた空間が訪れる人を優しく迎えてくれます。
  • マリア地蔵
    • 現在の権現堂集落農業センターの敷地内で発見されたマリア地蔵は、文政3年(1820年)に立てられたものです。「イメス智言」の文字や、錫杖(しゃくじょう)上部に刻まれた十字架、抱えている赤子などから隠れ切支丹(キリシタン)の信仰対象であったと考えられ、切支丹研究家の間で注目されています。幸手市指定有形民俗文化財
  • 義賑窮餓之碑
    • 義賑窮餓之碑(ぎしんきゅうがのひ)は、正福寺の境内にあります。天明3年(1783年)浅間山の大噴火により冷害と大飢饉が発生し、幸手宿周辺の農村も難民が続出しました。その際、幸手宿の義人21名が米や金を出し合い幸手の民を救いました。この善行を讃え、碑が建てられました。埼玉県指定文化財
  • 幸手市営釣場神扇池
    • 幸手市営釣場神扇(かみおうぎ)池は、1994年3月にオープンしました。神扇池は、気軽にへら鮒釣りが楽しめ、しかも水面積は38,551m2の本格的ハイグレード釣場です。
  • 銀杏地蔵
    • 幸手市の東北端に位置する西関宿は、江戸との水運で栄えました。臨川庵(りんせんあん)の境内には珍しいお地蔵様があります。このお地蔵様は、樹齢500年といわれる大銀杏の胎内に刻まれ、今もなお、樹と共に成長し続けていて今も参拝者が絶えません。銀杏地蔵は子育て地蔵として、子宝に恵まれない人などの信仰を集めています。
Page Top

出身著名人 anchor.png Edit

  • 遠藤柳作(元貴族院議員)
  • 三ッ林幸三(元衆議院議員、幸手町長)
  • 三ッ林弥太郎(元衆議院議員、科学技術庁長官)
  • 三ッ林隆志(衆議院議員、三ッ林弥太郎の次男)
  • 小森谷昭(埼玉県議会議員、元幸手市議会議員)
  • 秋谷昭治(前埼玉県議会議員、元議長)
  • 橘守部(国学者、青年期幸手宿に在住)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 9225 today: 1
最終更新: 2009-11-15 (日) 15:06:48 (JST) (2930d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で