• 見沼代用水(みぬまだいようすい)は、江戸時代の1728年(享保13年)に幕府の役人であった井沢弥惣兵衛為永が新田開発のために、武蔵国に普請した灌漑農業用水のことである。名前の通り、灌漑用溜池であった見沼溜井の代替用水路であった。流路は、現在の埼玉県行田市付近の利根川より取水され、東縁代用水路は東京都足立区、西縁代用水路は埼玉県さいたま市南区に至る。

建設背景 anchor.png Edit

  • 江戸時代初期、関東郡代であった伊奈忠治は荒川下流の治水や新田開発を目的として、現在の元荒川を流れていた荒川を入間川へ付け替える工事を行った。同様に利根川も流路を太平洋へと付け替える利根川東遷事業が行われており、これらの川の付け替えは流域周辺の水不足を招く恐れがあった。このため1629年、伊奈忠治は天領浦和領に長さ約870m(8町)の八丁堤(または八町堤と書く、現在の埼玉県さいたま市緑区大間木付近)と呼ばれる堤防を築いて水をせき止め、ここに周囲の灌漑用水を確保するための溜池である見沼溜井(三沼、箕沼溜井とも書く)を作った。
  • 見沼溜井の水は、周囲の台地からの排水や湧き水の流入しかなく、土砂の流入で溜井の貯水能力は次第に低下していった。さらに1675年(延宝3年)には溜井の一部が入江新田として干拓されるなど、見沼溜井周囲の新田開発が活発化すると水不足が深刻となった。水不足に悩む村々ではしばしば、水路普請の陳情を行っていた。元禄年間に岩槻藩や忍藩の協議で荒川より見沼に水を引き入れる案が練られ、一部では測量も行われた。この時の設計は、絵図としても残っている。しかしこの案は、関東郡代の伊奈半左衛門が治水上の問題を理由に強行に反対したため、頓挫してしまった。一方で入江新田は、水不足に悩む村々から打ち壊しの訴状が提出されて、一時期は新田を見沼溜井に戻されてしまった。
  • 徳川吉宗が8代将軍として紀州藩から江戸に入ると享保の改革が始まった。幕府の財政建て直しのための増収策として、1722年(享保7年)に新田開発奨励策が示され、新田開発が本格化した。幕府のお膝元であった武蔵国でも新田の開発が活発化した。武蔵国の東部、現在のさいたま市東部辺りにあった見沼溜井を始め、多くの灌漑用の溜井が存在したが、ここを新田として開拓することが決められた。また代用水の代わりとなる農業用水を利根川から供給することになった。吉宗に従い紀州藩士から幕臣になり、勘定吟味役格の職が与えられた井沢弥惣兵衛為永に対して、1725年(享保10年)に見沼溜井の干拓の検討が命じられた。
  • 水不足に悩む村々がある一方で、見沼溜井を利用していた浦和領、安行領、舎人領などの村々は幕府の溜井干拓と水路建設に対して強い反対の立場をとった。井沢が現地調査を行うようになると、反対派の村々は以下の疑問点を挙げ、幕府に対して干拓事業撤回の訴状を提出した。

1利根川から水を引くのでは余りにも遠いため、溜井より下流側の村にまで水が行き渡るか疑問である。 2川の水は雨の多いときには豊富であるが、雨の少ない時には水量が減少する。 3溜井の水は養分が豊富であるが、川の水は養分が少なく農作物に適さない。

  • また、見沼溜井に棲む竜神の化身の美女が現れ、見沼干拓の撤回を哀願するという内容の見沼の竜神などの多くの見沼に関する伝承もこの時期に作られたといわれている。
  • しかし、見沼溜井の干拓は決定事項であるとされ、幕府の勘定奉行名で訴訟は却下された。このため反対していた村々は負担軽減に切り替えることを余儀なくされた。1726年(享保11年)、普請役の保田太左衛門により測量が始められた。
Page Top

設計および測量 anchor.png Edit

  • 代用水の建設は、文字通り見沼溜井の代替となる水路の建設であったが、同時に見沼以外の用水路流域周辺の沼地を干拓する壮大な計画であった。井沢弥惣兵衛は周囲を調査し、利根川や荒川の治水も考慮して埼玉郡(さきたまぐん)から足立郡を抜ける約80km(20里)の幹水路に加え、高沼用水路などの分流路も多数開削することで、流域周囲の沼地を干拓した後の水源とすることを計画した。
  • 用水は、利根川から取水されることとなったが、その場所は現在の行田市にあった下中条村の地となった。この付近の利根川の流れは水深が年間を通して安定していた。また、享保以前100年間の洪水時でも堤の決壊したことがないなど、好条件がそろった場所であることが理由となった。現在の代用水の取水口も江戸時代とほぼ同地点の利根大堰であり、当時の土木水準の高さをここからも窺い知ることが出来る。
  • 代用水建設のための測量は、利根川からの上流側と見沼溜井から流れ出ていた芝川の下流側からの二手に分かれて進められた。測量は水盛りとよばれた水準測量により行われ、30間(約55m)につき3寸(約9cm)の傾斜、すなわち1/600の勾配が付くように正確に進められた。利根川側と芝川側からの測量が出会った地点では、わずかに約6cm(2寸)のずれしかなかったと伝わっている。
  • また水路となる場所は、既存の水田を避けて出来るだけ未開の場所を選択し、減水を防ぐため比較的地盤の固い場所を選んで決められた。
Page Top

水路開削 anchor.png Edit

  • 測量がほぼ終わり、見沼溜井周囲の農業の水需要が減った1727年(享保12年)9月から水路の開削が始まった。工事は水路沿いの村々にそれぞれ割り当てて請け負わせたが、工事に必要な木材や釘は幕府より支給され、また大工、石工、鍛冶など技能を必要とする人員についても幕府より派遣された。
  • 下中条村の取り入れ口は、長さが約43.6m(24間)、幅が約3.6m(2間)の木製の樋で作られた。利根川から取り入れられた用水は、新たに建設された水路、見沼新井筋(長さ約2.45km)をくだり、星川に合流させた。星川内は流路を改修して使用した。星川と代用水は、現在の南埼玉郡菖蒲町で分流し、星川側に十六間堰、代用水側に八間堰がそれぞれ設けられた。
  • 星川と分かれた水路は、新たに開削された幅約6間の水路を南下する。柴山(現在の南埼玉郡白岡町)で元荒川と交差するが、元荒川と代用水の高低差があるため、伏越(ふせごし、詳しくは後述)で元荒川を越える。工事当時の元荒川は湾曲した流れになっていたため、元荒川の流路の湾曲を正す工事も行われた。また、元荒川の交差には通船のための懸樋(後述)も作られた。しかしこの懸樋は1760年(宝暦10年)に水害のため大破し、取り壊された。
  • さらに新設の水路を下り、瓦葺村(現在の上尾市)では綾瀬川と交差するが、ここでは懸樋(かけひ、詳しくは後述)で綾瀬川を越える。綾瀬川周囲は、低地湿地となっており、最も難工事であった場所と考えられている。綾瀬川を越えたところで、流路は見沼代用水東縁と見沼代用水西縁の二手に分かれる。
  • 東縁代用水路は、見沼のあった東側の台地(岩槻台地)を沿うように東側へ進み、八丁堤まで達した。ここから、旧来の見沼溜井に接続されていた谷古田、舎人などへの農業水路に接続された。
  • 西縁代用水路は、東縁同様に見沼のあった西側の台地(大宮台地)を沿うように南下し、八丁堤まで達した。ここから旧来の見沼溜井に接続されていた浦和、戸田、笹目などの領地を灌漑する水路へ付け替えられた。
  • 代用水路の開削とともに、見沼溜井の干拓も同時に行われた。まず、芝川の荒川への吐口からの川幅拡張が行われ、八丁堤までの水路が延長された。その後、八丁堤を開いて溜井の水を排出した。後の1731年には荒川からの逆流を防ぐため、芝川吐口逆水樋門が設置された。
  • これだけの大規模工事にもかかわらず、用水路の完成は着工から約5ヶ月後の1728年2月で、3月には利根川より水を流し込み用水路の利用が始まっている。建設に関わった作業者は延べ90万人といわれ、幕府の支出した工事費用は賃金が約1万5000両、工作物が5000両で総額約2万両に達した。しかし、見沼溜井跡地に新田として1175町歩(約1160ha)が打ち出され、毎年5000石弱の年貢米が幕府の蔵に納められるようになった。
Page Top

代用水の土木的特長 anchor.png Edit

  • 徳川家が関東に入って以来、代々にわたり武蔵国の河川土木普請を指揮していた伊奈家の手法は、関東流と呼ばれ、戦国期の甲斐国主武田信玄が築いたといわれる信玄堤を作り上げた甲州流に起源があるともいわれる。これに対し、井沢のとった手法は紀州流と呼ばれた。
  • 井沢のとった紀州流の土木手法として、取水と排水の分離が大きな特徴として挙げられるが、見沼代用水でもこの特徴を見ることができる。見沼代用水では見沼跡の中央に、芝川が北に延長する形で作られている。これは、東西の用水路から取り込んだ水を芝川に排水するためである。
  • また、地形をうまく生かし台地と低地との境にある崖を天然の堤として利用し、工事量を減らす工夫も見られる。
  • 見沼用水路は、水田等の灌漑目的であったが、年貢米などを江戸に運ぶ水路としても有用であった。1730年に、新田の打ち出しに貢献があった鈴木家および高田家の願い出により、水運利用が許可された(参考、見沼通船)。しかし、用水路は江戸まで直接つながっていない為、代用水と芝川を結ぶ運河である見沼通船堀が、1731年にやはり井沢弥惣兵衛の手によって作られている。代用水と芝川との高度差は3mもあるため、パナマ運河と同じ閘門式運河で作られた。見沼通船堀は同方式で日本最古のものといわれている。
Page Top

現状 anchor.png Edit

  • 太平洋戦争後、用水路の近代化が進んだ。まず用水の取り込み口には、1963年(昭和38年)に利根大堰が作られ、取水流量が正確に管理できるようになった。代用水路も、1979年(昭和54年)から水資源開発公団(現・独立行政法人水資源機構)などにより開始された埼玉合口二期事業によって、護岸と路底のコンクリート化(東縁代用水路のうち、さいたま市緑区の南部領辻地内の斜面林がある区間に関しては、「さいたま緑のトラスト基金」による保全第1号地として、コンクリート化を実施していない)や、遊歩道「緑のヘルシーロード」の整備などが進められた。1989年(平成元年)には、西縁代用水路より荒川へ送水する「荒川連絡水道専用水路」(約9.1kmの地下トンネル)が完成して、水道用水の取水が開始された。この水路は、さいたま市大宮区に「天沼揚水機場」を設置して、ここからさいたま市西区の荒川へ水を送るもので、武蔵水路を補完する役割を果たすものとなった。
  • また、埼玉県は東京都に近く、このため工場進出や宅地化が進んだ。代用水流域の水田も開発の需要が高まったが、一方で台風などが関東に上陸するたびに、代用水周囲の水田が遊水地の役割を果たしていることを理由に、開発消極派との意見対立が見られた。
  • 1965年、埼玉県は、「見沼田圃農地転用方針」(通称「見沼三原則」)と題した指針を制定した。内容は、八丁堤より北から埼玉県道64号浦和岩槻線(現埼玉県道65号さいたま幸手線)付近までは緑地を維持するというものであった。1969年には、「見沼田圃の取扱いについて」(通称「見沼三原則補足」)を制定したが、減反政策などのあおりを受け、休耕田が目立つようになってしまった。また農家の高齢化も進み、土地所有者からは開発規制緩和の声も強いが、1995年に「見沼三原則」・「見沼三原則補足」に代わる新たな土地利用の基準として、「見沼田圃の保全・活用・創造の基本方針」を策定して、規制を事実上継続することとなった。
  • これを受けて、さいたま市は「見沼に100haの公園緑地帯を創出させる」という見沼セントラルパーク構想を打ち出し、その手始めとして、浦和・大宮・与野・岩槻の4市合併を象徴する公園を大宮区内に「合併記念見沼公園」として2007年に開園した。その一方で、人間の手を一切加えるのをやめて自然の湿地帯にするという意見もある。
Page Top

歴史 anchor.png Edit

  • 1629年 見沼溜井が造成される。
  • 1725年 幕府より井沢弥惣兵衛為永に対して、見沼溜井干拓の検討が命じられる。
  • 1726年 測量が始まる。
  • 1727年9月 工事開始。
  • 1728年2月 完成。3月より水利が始まる。
  • 1731年 見沼通船堀が作られる。また芝川吐口逆水樋門が設置。
  • 1760年 柴山の元荒川交差部分の懸樋が水害で大破。伏越に改められる。
  • 1887年 柴山の伏越が木造から煉瓦造りに改められる。
  • 1968年 利根大堰が建設される。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 4047 today: 1
最終更新: 2008-02-23 (土) 20:37:59 (JST) (3767d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で