旧栗橋町 anchor.png Edit

  • 栗橋町(くりはしまち)とは、かつて埼玉県の北東部に存在した人口約2万7千人の町である。2010年(平成22年)3月23日、久喜市南埼玉郡菖蒲町及び北葛飾郡鷲宮町との合併により消滅。利根川を隔てて茨城県と接していた。
  • 江戸時代には日光街道が利根川を越える要地として栗橋関所がおかれた宿場町であった。国道4号・国道125号・県道さいたま栗橋線等の主要道路が交差する交通の節点である。また、歴史的な地名としての「栗橋」には現在の茨城県猿島郡五霞町の一部(元栗橋地区)を含む場合があり、古河公方家の支城・栗橋城は両町の境界線上にある(現在「栗橋城址」とされる史跡は行政区的には五霞町側に所属するが、城の一部は権現堂川右岸である栗橋町側にも及んでいた)。
  • 関東平野のほぼ中央部に位置し、加須低地と呼ばれる低地が中心の地形である。北葛飾郡の北端に位置する。東武日光線が南東部から北西部へと縦断し、JR東北本線宇都宮線)が南西部から北東部へと縦断する。両線は栗橋駅で交わり、相互に乗り換えることができる。町域南部を東北新幹線が通過するが町内に駅はない。
  • 町の東端、旧利根川の流路である権現堂川の自然堤防上を国道4号が南北に縦断している。中心市街の東側の栗橋交差点からは国道125号が西の加須市熊谷市方面に伸びる。また町西部では国道125号から埼玉県北東部の交通の大動脈である県道3号さいたま栗橋線が分岐し南下する。その他、国道125号の北側を平行する形で羽生市に通じる県道が2本ある。
  • 中心市街は町の北、栗橋駅周辺からかつての栗橋宿の周辺に広がる。かつての栗橋関所と栗橋宿は、町の北端、利根川に接する位置にあり、栗橋駅はそこから南西に約1キロメートル離れている。一戸建ての住宅が多く、商店街はもとの栗橋宿、駅前、及び両者をつなぐ道路に展開している。役場はこの市街地の南の角にある。南栗橋駅の西にもまとまった住宅地がある。他は水田と住宅が入り混じる。栗橋駅西側は西口が近年の設置ということもあり、区画整理は行われているが東口ほどの発展は現状では見られていない。
Page Top

概要 anchor.png Edit

  • 面積 15.78 km2
  • 総人口 27,356人(推計人口、2007年10月1日)
  • 人口密度 1,730人/km2
  • 平均年齢:42.4歳(男=41.7歳、女=43.0歳)平成18年1月1日
  • 町の木 キンモクセイ
  • 町の花 サルビア
  • 栗橋町役場
Page Top

歴史 anchor.png Edit

  • 1889年4月1日 - 町村制施行に伴い、栗橋宿栗橋町となる。
  • 1944年4月1日 - 栗橋町・静村・豊田村が合併し、栗橋町となる。
  • 1949年10月1日 - 栗橋町から静村・豊田村が分割される。
  • 1957年4月1日 - 栗橋町・静村・豊田村が合併し、栗橋町となる。
  • 2010年3月23日 - 北葛飾郡栗橋町・北葛飾郡鷲宮町南埼玉郡菖蒲町久喜市が合併し、新たに久喜市が発足した。
Page Top

教育 anchor.png Edit

  • 埼玉県立栗橋高等学校
  • 栗橋町立
    • 栗橋西小学校
    • 栗橋南小学校
    • 栗橋小学校
    • 栗橋東中学校
    • 栗橋西中学校
    • 栗橋幼稚園
Page Top

交通 anchor.png Edit

  • 鉄道路線
    • 東日本旅客鉄道(JR東日本)
    • 東武鉄道
      • 日光線:南栗橋駅 - 栗橋駅
      • 2003年(平成15年)3月の東武伊勢崎・日光線ダイヤ改正により南栗橋駅が半蔵門線直通電車(主に急行)の始発駅となり、都区内東部や都心方面〜東急田園都市線方面への利便性が高まった。
Page Top

主要道路 anchor.png Edit

  • 国道
    • 国道4号
    • 国道125号
  • 地方道
    • 埼玉県道3号さいたま栗橋線
    • 埼玉県道12号川越栗橋線
    • 埼玉県道60号羽生外野栗橋線
  • 県道
    • 埼玉県道147号栗橋停車場線
    • 埼玉県道268号西関宿栗橋線
    • 埼玉県道316号阿佐間幸手線
Page Top

名所・旧跡 anchor.png Edit

  • 八坂神社 栗橋町の八坂神社は毎年7月の第3土日に「天王様」(てんのうさま)と呼ばれる祭を行う。八坂神社は町の北端寄りに位置するが、屋台はその南にある旧東第一小学校(現在ハクレン館)の正門が面する通りに出店する。神輿は活気に溢れ、町民の楽しみとなっている。
  • 静御前の墓 当地の伝説によると、源義経を追ってきた静御前は文治5年5月、茨城県古河市下辺見(しもへみ)で義経の死を知り、当時栗橋にあった高柳寺(現光了寺。古河市中田)で出家したものの、慣れぬ旅の疲れから病になり同年9月15日に22歳で亡くなったとされる。栗橋駅東口には静御前の墓と義経の招魂碑、さらには生後すぐに源頼朝によって殺された男児の供養塔がある。毎年9月15日には「静御前墓前祭」と称する追善供養が、また10月第3土曜には「静御前まつり」と呼ばれる祭が行われる。「静御前墓前祭」では邦楽の演奏が、「静御前まつり」では義経・静御前・白拍子などによる華やかなパレードが行われ、ともに町の新しい名物になりつつある。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 6167 today: 2
最終更新: 2010-07-19 (月) 23:29:54 (JST) (2706d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で