喜多院 anchor.png Edit

  • 喜多院 (きたいん)は、埼玉県川越市にある天台宗の寺院。山号は星野山。
  • 良源(慈恵大師、元三大師とも)を祀り川越大師の別名で知られ、境内にある五百羅漢の石像も有名である。
  • 平安初期の天長7年(830年)、淳和天皇の命で円仁(慈覚大師)が建立し、当初は無量寿寺と号した。無量寿寺には北院、中院、南院があり、永禄年間(1558年−1570年)頃まではこれらの3院が存在していたが、江戸時代はじめに川越大火があり寺の多くの建物が焼失、中院のあった場所に仙波東照宮が建てられた為、中院はさらに200m南方に移動し、南院は明治の初めに廃院となり、その一角とされる場所には数十基の石の塔婆が残っている。天正16年(1588年)、徳川家の尊崇が厚かった天海が入寺し、寺号を喜多院と改めた。寛永15年(1638年)、火災で山門以外の伽藍を焼失するが、翌年、徳川家光の命で、江戸城御殿の一部を移築した。これが今に残る客殿、書院、庫裏である。
Page Top

建築物 anchor.png Edit

  • 客殿(重要文化財) - 寛永15年(1638年)建立。「徳川家光誕生の間」がある。
  • 書院(重要文化財) - 寛永16年(1639年)建立。「春日局化粧の間」がある。
  • 庫裏(重要文化財) - 寛永15年(1638年)建立。
  • 山門(重要文化財) - 寛永9年(1632年)建立。
  • 鐘楼門(附:銅鐘)(重要文化財) - 元禄15年(1702年)建立。
  • 慈眼堂(重要文化財) - 正保2年(1645年)建立。
  • 仙波東照宮(重要文化財)
  • 慈恵堂(県指定有形文化財(建造物))
  • 多宝塔(県指定有形文化財(建造物))
Page Top

所在地 anchor.png Edit

Page Top

交通アクセス anchor.png Edit


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2064 today: 1
最終更新: 2008-10-17 (金) 23:37:03 (JST) (3530d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で