加藤保男 anchor.png Edit

  • 加藤保男(かとう やすお、1949年 - 1982年12月)は、日本の登山家。8000メートル峰に4度、エベレストに3度の登頂を果たし、長谷川恒男と並び称せられるクライマー。埼玉県大宮市(現さいたま市)生まれ。
  • 1971年(昭和46年)、日本大学文理学部体育学科を卒業。
  • やはり登山家として知られる兄の加藤滝男の影響で、高校時代から登山を始める。
  • 1969年(昭和44年)から1972年(昭和47年)にかけて、アルプスの三大北壁(アイガー、グランド・ジョラス、マッターホルン)を登攀。
Page Top

経歴 anchor.png Edit

  • 1973年(昭和48年)10月26日、第2次RCC登山隊で、石黒久隊員とともに、エベレスト(サガルマーター)のポストモンスーン期(秋季)初登頂を果たす(ネパール側、東南稜)。ただ、日程上、強行軍であったために、サウスコル(7,986m)のキャンプからの一気の登頂であり、8,650m地点でのビバークを余儀なくされ、翌日、長谷川恒男隊員に救出される。奇跡の生還と言われたが、この時、凍傷で足指すべてと右手の指3本を失う。
  • 1975年(昭和50年)、インドヒマラヤ最高峰(7,816m)のナンダ・デビ登頂。
  • 1980年(昭和55年)5月3日、エベレスト(チョモランマ・珠穆朗瑪)にチベット側の北東稜から単独登頂。
  • 1981年(昭和56年)10月には、マナスルに無酸素登頂。
  • 1982年(昭和57年)12月27日、厳冬期エベレストに単独登頂を果たす(東南稜)も、小林利明と共に下山中に消息を絶つ。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2388 today: 3
最終更新: 2008-09-01 (月) 13:06:57 (JST) (3518d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で