越谷レイクタウン anchor.png Edit

  • 越谷レイクタウン(こしがやれいくたうん)は、埼玉県越谷市東南部に2008年(平成20年)3月街開きしたニュータウンである。
  • 開発主体は独立行政法人都市再生機構。計画人口約22,400人、施行面積225.6haの大規模な開発地帯である。
  • 長年、周辺の問題となっていた中川・綾瀬川・元荒川流域の治水対策と新市街地整備を同時に行う。区画内にあった越谷市斎場(火葬場)を同市増林地区に移転させた後、区画整理地内に39.5haの大相模調節池を造成中である。その面積は、東京都上野公園の不忍池の約3倍に相当する。
Page Top

歴史 anchor.png Edit

  • 1996年(平成8年)5月10日 - 特定土地区画整理事業の決定。
  • 1999年(平成11年)12月24日 - 事業計画認可。
  • 2006年(平成18年)1月24日 - 地区計画決定。
  • 2008年(平成20年)3月15日 - 東日本旅客鉄道(JR東日本)武蔵野線越谷レイクタウン駅の開業及び一部道路の供用を開始。
  • 2008年(平成20年)4月12日・13日 - 「越谷レイクタウンオープニングフェスタ(町開きイベント)」を開催。
  • 2008年(平成20年)10月2日 - イオンレイクタウングランドオープン予定(同年9月26日からは周辺住民を対象にプレオープン予定)。
  • 2013年(平成25年) - 造成完了予定。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2816 today: 1
最終更新: 2008-09-25 (木) 13:26:46 (JST) (3527d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で