浦和レッドダイヤモンズレディース anchor.png Edit

  • 1998年、かつてL・リーグにも所属したことのある「浦和レディースFC」から一部のメンバーが脱退し「浦和レイナスFC」を設立。企業の支援を取り付けず、市民参加を全面的に打ち出したチーム運営を目指しての創部であった。
  • 翌1999年にはL・リーグに加盟。当初は下位に甘んじたが、さいたま市の誕生によりチーム名を「さいたまレイナスFC」に変更した2001年からは、かつて浦和レッドダイヤモンズでDFとして活躍し、のちに浦和市議会議員、埼玉県議会議員を歴任した田口禎則を監督に起用して着実なレベルアップに成功。2003年には日本女子代表の正守護神に成長したGK山郷のぞみを中心に勝利を積み上げ、優勝争いに加わるまでになった。この年は結局、決勝(上位)リーグ3位に終わったが、この躍進により翌2004年からレベル別のリーグ戦方式により1部(L1)所属となったレイナスは、日本代表にも選ばれたMF安藤梢らの活躍により参戦6年目で悲願のリーグ初優勝を決定した。
  • 2005年からJリーグに所属する浦和レッドダイヤモンズの下部組織として活動することになり、チーム名も「浦和レッドダイヤモンズレディースレッズレディース)」に変更。県大会などを中心に活動する下部組織(サテライト相当)の「さいたまレイニータFC」も「浦和レッドダイヤモンズ・ジュニアユース・レディース」に変更となった。(L・リーグに浦和の名が復活するのは2000年度以来5年ぶり)
  • 7月には暫定オープンしたレッズランドを練習場とすることになり、2006年には山郷のぞみ、安藤梢、柳田美幸(TASAKIペルーレFCから移籍)の3名をプロ選手として契約。その期待に応え2位となった。
  • さらに2007年には新入団選手の矢野喬子とプロ選手として契約し強化を図っている。
Page Top

獲得タイトル anchor.png Edit

  • 2003年 第24回全日本女子サッカー選手権大会 ベスト4
  • 2004年 2004 L・リーグ1部(L1) 優勝
  • 2005年 第26回全日本女子サッカー選手権大会 準優勝
  • 2006年 第28回全日本女子サッカー選手権大会 ベスト4
Page Top

チーム名変遷 anchor.png Edit

  • 1999~2001年 浦和レイナス
  • 2002~2004年 さいたまレイナス
  • 2005年~ 浦和レッドダイヤモンズレディース
Page Top

歴代監督 anchor.png Edit

  • (日本女子サッカーリーグ参入以降)
  • 1999年 - 2000年 宮下幹生
  • 2001年 - 2004年 田口禎則
  • 2005年 坂庭泉
  • 2006年 - 永井良和

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2558 today: 1
最終更新: 2008-09-02 (火) 22:49:14 (JST) (3516d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で