コバトン anchor.png Edit

  • コバトン(こばとん)とは、県民の鳥シラコバトを、モチーフにした埼玉県のマスコットで、当時、埼玉県立川越工業高等学校に在学していた竹腰博晃によってデザインされた。2004年の、彩の国まごころ国体の大会マスコットを経て、2005年より埼玉県のマスコットとなった。2008年現在、県広報誌、イベント、県関連企業の催し等で印刷物、グッズ、着ぐるみとして登場し、県の公式サイトでもトップページで紹介されている。また、民間企業や市民にデザインの使用、着ぐるみの貸し出しも行われている。
Page Top

歴史 anchor.png Edit

  • 2000年 埼玉県が国体マスコットとキャラクター名を公募。
  • 2004年 彩の国まごころ国体大会マスコットとして活躍。多数のグッズも登場し、グッズ売上の合計額は1億円を突破するなどの人気を博した(2008年現在、国体当時のグッズを手に入れることは難しい)。
  • 2005年1月4日 上田清司埼玉県知事コバトン埼玉県のマスコットとして辞令を交付。
  • 2005年5月 埼玉りそな銀行コバトンを起用。行員の名刺、キャッシュカードのデザイン等に使用(2004年まではスタジオジブリ製作のオリジナルキャラクター「ひびきが丘物語」を起用していたが、2003年りそな銀行が事実上国有化される際にキャラクター提携契約が打ち切られた)。
  • 2005年10月 埼玉県がぬいぐるみS・M、カレンダーを発売。
  • 2006年3月 埼玉県がステッカーを発売。
  • 2006年6月 2006年バスケットボール世界選手権の開催にともない、ファイナルラウンドの開催地であるさいたま市のアピールとして、埼玉県コバトンのバスケットをしているピンバッジを発売。
  • 2006年秋 埼玉県が昨年に引き続きカレンダーを発売。
  • 2006年12月 埼玉県コバトンの携帯ストラップを発売。
  • 2007年1月 埼玉県コバトンのぬいぐるみLを発売。
  • 2007年 西武ライオンズコバトンのぬいぐるみとパペットを発売。
  • 2007年10月 埼玉高速鉄道が制服コバトンを発売。
  • 2007年秋 埼玉県が引き続きカレンダーを発売。
  • 2008年春 埼玉県コバトンカンバッジ(6種)を発売。
  • 2008年夏 埼玉県コバトンの新シリーズ「ご当地コバトン」のデザイン(12種、ほか落款6種)を公表。県メールマガジン読者にご当地コバトンのスクリーンセーバー(1種)、壁紙(12種)を随時提供。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS 1.0 最終更新のRSS 2.0 最終更新のRSS Atom
Counter: 2917 today: 1
最終更新: 2008-09-25 (木) 19:59:41 (JST) (3364d) hatanaka
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で