ホーム >> 埼玉RSSセンター >> Take off to the country !!

埼玉RSSセンター

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

リンク 単体表示


link Take off to the country !! Take off to the country !! (2017-12-15 6:37:49)

現在データベースには 5266 件のデータが登録されています。

feed 三つよりの綱(つな)・・・聖書 (2017-12-14 18:39:43)
三つよりの綱(糸)= 二人(自分と友人、自分と配偶者など)+聖書の神(ヤハウェ、エホバ)への信仰 ひとりが攻められれば、ふたりでこれに対する。 三つよりの糸は切れにくい。 聖書(伝道の書・コヘレトの言葉 4:12) もしひとりなら、打ち負かされても、ふたりなら立ち向かえる。 三つ撚りの糸は簡単には切れない。 聖書(伝道の書・コヘレトの言葉 4:12) だれかが一人だけの人を打ち負かすことができるとしても、二人が一緒になれば、 これに立ち向かうことができる。それに、 三つよりの綱は素早く断ち切ることはできない。 聖書(伝道の書・コヘレトの言葉 4:12) 人がもし、そのひとりを攻め撃ったなら、ふたりで、それに当るであろう。 三つよりの綱はたやすくは切れない。 聖書(伝道の書・コヘレトの言葉 4:12) 2016-12-13の再掲

feed プリム:ユダヤ人がハマンの企てた殺害から救出されたことを記念する祭り・・・聖書 (2017-12-14 18:29:43)
プリム(Purim) アダルの14日と15日に祝われた祭り。 アダルはユダヤ人の年の最後の月 で, 現在の暦の2月の後半および3月の前半に相当 します。 この祭りは,くじの祭りとも呼ばれています。 「毎年アダルの月の十四日と十五日を祝うように定めた」。 (エステル9:21) この名前は,ハマンがユダヤ人撲滅の企てを遂行する縁起のよい日を決めるためにプル(くじ)を投げた行為に由来しています。 ハマンはアガグ人で,恐らくアマレク人の王族に属し,また異教の神々の崇拝者であったので,「一種の占い」としてこれに頼りました。 「 アハシュエロス王の第十二年の第一の月,すなわちニサンの月に,日と月とを決めるためにハマンの前で,プル、すなわちくじが投げられ,くじは第十二の月,すなわちアダルの月に当たった」 。 (エステル3:7) 西暦前484年の春と思われる,アハシュエロス王(クセルクセス1世)の第12年ニサン13日に,ハマンが王に承認させた, ユダヤ人殺害を命じる公式の撲滅の布告がペルシャ全州のために準備されました。 救出の記念 この祭りは,ユダヤ人がハマンの企てた殺害から救出されたことを記念するものです。 したがって,プリムというのはユダヤ人が皮肉をこめて付けた名前と思われます。 「すべてのユダヤ人に敵意を示す者,アガグ人,ハメダタの子ハマンが,ユダヤ人に対しこれを滅ぼそうと企てて,プル,すなわちくじを投げさせ, 彼らをかき乱し,これを滅ぼそうとしたからである。しかし,エステルが王の前に入ったとき,王は書状をもって言った, 「彼がユダヤ人に対して企てたその悪い企ては彼の頭上に返るように」。そこで,人々は彼とその子らを杭に掛けた。 そのような訳で, 人々はプルの名により,これらの日をプリムと呼んだ 。このような訳で,この手紙のすべての言葉,このことについて彼らの見たこと,そして彼らに臨んだことにしたがって」。 (エステル9:24〜9:26) 外典の書であるマカベア書の中では 「モルデカイの日」 とも呼ばれています。 その祭りと関係のある出来事においてモルデカイが重要な役割を演じたからです。 王妃エステルが自分の命をかけて,また年上のいとこであるモルデカイの指示通りに尽力したことにより,ユダヤ人は救出されました。 エステルは三日間断食した後,王を宴会に招くために王との謁見を求めました。 その後,二度目の宴会にも王を招き,その際に自分の請願を述べることができました。 (エステル4:65:8) 請願は快く聞き届けられました。そしてメディア人とペルシャ人の法律が変更不能であるゆえに最初の布告は変えることができないため。 「今,王よ,この法令を制定して,この書面に署名をされますように。取り消されることのない,メディア人とペルシャ人の法律にしたがって,それを変わることのないものとするためです」。 (ダニエル6:8) シワンの23日に別の布告が出されました。 この文書によってユダヤ人は自衛権を与えられ,態勢を整えることができました。 それはペルシャ帝国の様々な地域のために,モルデカイによって書かれ,多くの言語に翻訳されました。 ユダヤ人は君や太守や総督の援助を受けて戦い,敵である反ユダヤ人に対する形勢を逆転させました。 アダルの13日には,ユダヤ人ではなくユダヤ人の敵に対する大殺りくが行なわれました。それは王都シュシャンでアダルの14日まで続きました。 アダルの14日には管轄地域内のユダヤ人たちが,また15日にはシュシャンにいたユダヤ人たちが休み,祝宴を催して歓びました。 「その上,エステルは再び王の前で話し,その足の前に伏して,アガグ人ハマンの悪と,彼がユダヤ人に対して企てたその企て+を防いでくれるよう, 泣いて,王の恵みを請い求めた。すると,王はエステルに金の笏を差し出した。そこでエステルは身を起こして,王の前に立った。 さて,彼女は言った,「もし,王にとって確かに良いと思われ,またもし私がみ前に恵みを得,この事が王の前にふさわしく, そして私が王の目にかなうのでしたら,あの書状,すなわちアガグ人ハメダタの子ハマンが,王のすべての管轄地域にいるユダヤ人を滅ぼそうとして書いた, その企てを取り消す旨,書き記されますように。と申しますのは,どうして私は,私の民族に降り懸かる災いを見なければならないとき,それに耐えることができましょう。 また,どうして,自分の親族の滅びを見なければならないとき,それに耐えることができましょうか」。 そこでアハシュエロス王は王妃エステルとユダヤ人モルデカイに言った,「見よ,ハマンの家をわたしはエステルに与え+,彼を人々は杭に掛けた。 彼がユダヤ人に対して手を出したからである。それで,あなた方も,ユダヤ人のために自分の目に良いところにしたがって王の名で書き,王の認印つきの指輪でそれに印を押しなさい。 王の名で書かれ,王の認印つきの指輪で印を押された書き物,それは取り消すことができないからだ」。 それゆえ,王の書記官たち+がその時,第三の月,すなわちシワンの月,その二十三日に召集された。 そして,すべてモルデカイがユダヤ人と,インドからエチオピアに及ぶ管轄地域,すなわち百二十七の管轄地域の太守や総督や君たちとに命じたところにしたがって書き記されていった。 各々の管轄地域にはその独自の文体で,各々の民族にはその独自の国語で,またユダヤ人にはその独自の文体とその独自の国語で書き記された。 こうして,彼はアハシュエロス王の名で書き,王の認印つきの指輪で印を押すことをし,しゅん足の雌馬の子,王の奉仕に用いられる早馬に乗る,馬上の急使の手により書状を送った+。 その中で,王はそれぞれ別のすべての都市にいるユダヤ人に,彼らが集合して自分たちの魂のために立ち上がり,彼らに敵意を示そうとする民族や管轄地域の軍勢を皆, 小さい者も女たちも滅ぼし尽くし,殺し,滅ぼし,またその分捕り物を強奪することを許した。ただしアハシュエロス王のすべての管轄地域において,第十二の月,すなわちアダルの月の十三日に, 一日のうちに行なわれることになった。その書き物の写しは,それぞれ別のすべての管轄地域の至る所で法令として出されることになり,すべての民族に公布されたが, それはユダヤ人が自分たちの敵に復しゅうするこの日に備えるためであった。急使たちは,王の奉仕に用いられる早馬に乗り,王の言葉によってせき立てられ,急いで行くよう動かされて出て行った。その法令は,シュシャン城でも出された。 一方,モルデカイは,青布と亜麻布の王服を着,大きな金の冠を頂き,上等の織物の,それも赤紫に染めた毛織物の外とうをまとって,王の前から出て行った。 すると,シュシャンの都は,甲高く叫んで喜びに満たされた。ユダヤ人には光と歓びと歓喜と栄誉があった。そして,どこでも王の言葉とその法令の届く所では, それぞれ別のどの管轄地域,それぞれ別のどの都市でも,ユダヤ人のためには歓びと歓喜,宴会と良い日があった。そして,この地の民のうちの多くの者が自分はユダヤ人だと宣言していた。 それはユダヤ人に対する恐怖+が彼らを襲ったからである。 そして,第十二の月,すなわちアダルの月,その十三日に,王の言葉とその法令が実施されることになったとき,ユダヤ人の敵が彼らを制圧しようと望んでいたその日に,実際,逆転があり,ユダヤ人が自分たちを憎む者たちを制圧することになった。 ユダヤ人は自分たちに危害を加えようとする者たちを手に掛けようと,アハシュエロス王のすべての管轄地域にある自分たちの都市で集合したが,だれひとり彼らの前に踏みとどまれなかった。 彼らに対する恐怖がすべての民族を襲ったからである。それに,管轄地域の君,太守,総督,王に属する業務を行なう者たちも皆,ユダヤ人を援助しようとした。 モルデカイに対する恐怖が彼らを襲ったからである。というのは,モルデカイは王の家で大いなる者であり,その名声はすべての管轄地域の至る所に伝わっていたからである。それはモルデカイその人がいよいよ大いなる者となっていったからである。 そして,ユダヤ人は彼らの敵を皆,剣による殺りく,殺害と滅びをもって討ち倒し,自分たちを憎む者に対しその好むところにしたがって行なった。そして,シュシャン城でもユダヤ人は殺し,五百人の者を滅ぼすことがなされた。 さらにパルシャヌダタ,ダルフォン,アスパタ,ポラタ,アダルヤ,アリダタ,パルマシュタ,アリサイ,アリダイ,ワエザタ,すなわち,ユダヤ人に敵意を示す者である,ハメダタの子ハマンの十人の子らをも,彼らは殺した。 しかし強奪物には手を掛けなかった。その日,シュシャン城で殺された者の数が王の前に届いた。 そこで王は王妃エステルに言った,「シュシャン城でユダヤ人は殺し,五百人の者とハマンの十人の子らを滅ぼすことがなされた。王のそのほかの管轄地域+では彼らは何をしたであろうか。 ところで,あなたの請願は何か。それもあなたに与えられるように。また,あなたのその上の願いは何か。それもなされるように」。そこでエステルは言った, 「もし王にとって確かに良いと思われるのでしたら,明日もまた,シュシャンにいるユダヤ人に,今日の法令通りにすることが許されますように。また,ハマンの十人の子らが杭に掛けられますように」。 それで王はそのように行なわれるようにと言った。そこで,法令がシュシャンで出され,ハマンの十人の子らは掛けられた。 こうして,シュシャンにいたユダヤ人はアダルの月の十四日にも集合し,シュシャンで三百人の者を殺した。しかし強奪物には手を掛けなかった。 王の各管轄地域にいたそのほかのユダヤ人も集合して,自分たちの魂のために立ち上がり,彼らの敵に復讐し,自分たちを憎む者のうち七万五千人を殺すことがなされた。 しかし強奪物には手を掛けなかった。これはアダルの月の十三日のことであって,その十四日には休み,それを祝宴と歓びの日とすることがなされた。 しかしシュシャンにいたユダヤ人は,その十三日と,その十四日に集合し,その十五日には休み,それを祝宴と歓びの日とすることがなされた。 そのような訳で,周辺の地域の諸都市に住む,地方のユダヤ人はアダルの月の十四日を歓び,祝宴,良い日,分け前を互いに送り合う日とするのであった。 (エステル8:3〜9:19) この救出を記念するためにモルデカイは,毎年アダルの14日と15日を, 『祝宴と歓びをもって,また互いに分け前を,また貧しい人々に贈り物を送ることによって』守るという務めをユダヤ人に課しました。 「モルデカイは,これらのことを書いて,アハシュエロス王のすべての州の,近い所や,遠い所にいるユダヤ人全部に手紙を送った。 それは,ユダヤ人が毎年アダルの月の十四日と十五日を,自分たちの敵を除いて休みを得た日,悲しみが喜びに,喪の日が祝日に変わった月として,祝宴と喜びの日,互いにごちそうを贈り,貧しい者に贈り物をする日と定めるためであった」。 (エステル9:20〜9:22) 後に,この祭りを祝うよう命じる別の手紙が王妃エステルの確認のもとに書かれました。 それは毎年定められた時に,世代ごと,氏族ごと,管轄地域ごと,および都市ごとに催されることになっていました。 「また,この両日は,代々にわたり,すべての家族,諸州,町々においても記念され,祝われなければならないとし,これらのプリムの日が,ユダヤ人の間で廃止されることがなく,この記念が彼らの子孫の中でとだえてしまわないようにした。 アビハイルの娘である王妃エステルと,ユダヤ人モルデカイは,プリムについてのこの第二の書簡を確かなものとするために,いっさいの権威をもって書いた。 この手紙は、平和と誠実のことばをもって、アハシュエロスの王国の百二十七州にいるすべてのユダヤ人に送られ, ユダヤ人モルデカイと王妃エステルがユダヤ人に命じたとおり,また,ユダヤ人が自分たちとその子孫のために断食と哀悼に関して定めたとおり,このプリムの両日を定まった時期に守るようにした」。 (エステル9:28〜9:31) この祭りは今日に至るまでユダヤ人の間で細かい点まできちんと祝われており,追加された事柄も少なくありません。 時の経過と共に加えられた伝統的な補足箇所の一つは, アダルの13日を,「エステルの断食」と呼ばれる断食の日 として取り分けることでした。 この祭りの期間中に売買や労働を行なうことは禁じられていません。 2016-12-14の補記

feed 黄金律・・・聖書 (2017-12-12 21:45:17)
「黄金律」 すべての人にほめられるとき、あなたがたは不幸である。この人々の先祖も、偽預言者たちに同じことをしたのである。 しかし、わたしの言葉を聞いているあなたがたに言っておく。敵を愛し、あなたがたを憎む者に親切にしなさい。悪口を言う者に祝福を祈り、あなたがたを侮辱する者のために祈りなさい。 自分を愛してくれる人を愛したところで、あなたがたにどんな恵みがあろうか。罪人でも、愛してくれる人を愛している。 また、自分によくしてくれる人に善いことをしたところで、どんな恵みがあろうか。罪人でも同じことをしている。 しかし、あなたがたは敵を愛しなさい。人に善いことをし、何も当てにしないで貸しなさい。 そうすれば、たくさんの報いがあり、いと高き方の子となる。いと高き方は、恩を知らない者にも悪人にも、情け深いからである。 しかし、いま聞いているあなたがたに、わたしはこう言います。あなたの敵を愛しなさい。あなたを憎む者に善を行ないなさい。 ただ、自分の敵を愛しなさい。彼らによくしてやり、返してもらうことを考えずに貸しなさい。 そうすれば、あなたがたの受ける報いはすばらしく、あなたがたは、いと高き方の子どもになれます。なぜなら、いと高き方は、恩知らずの悪人にも、あわれみ深いからです。 あなたがたの父が憐れみ深いように、あなたがたも憐れみ深い者となりなさい。 人を裁くな。そうすれば、あなたがたも裁かれることがない。人を罪人だと決めるな。そうすれば、あなたがたも罪人だと決められることがない。赦しなさい。そうすれば、あなたがたも赦される。 与えなさい。そうすれば、あなたがたにも与えられる。押し入れ、揺すり入れ、あふれるほどに量りをよくして、ふところに入れてもらえる。あなたがたは自分の量る秤で量り返されるからである。 聖書(ルカ6:26〜6:38) 災いです! すべての人があなた方のことを良く言うときには。そのようなことは、彼らの父祖が偽りの預言者たちに対して行なったことなのです。 しかし、聴いているあなた方に言いますが、あなた方の敵を愛し、あなた方を憎む者に善を行ない、あなた方をのろう者を祝福し、あなた方を侮辱する者のために祈り続けなさい。 そして、自分を愛してくれる者を愛したからといって、あなた方にとって何の誉れとなるでしょうか。罪人たちでさえ自分を愛してくれる者を愛するのです。 そして、自分によくしてくれる者に善を行なったからといって、あなた方にとっていったい何の誉れとなるでしょうか。罪人たちでさえ同じことをするのです。 それとは反対に、あなた方の敵を愛しつづけ、善を行ないつづけ,何か返してもらうことなど期待せずに利息なしで貸すことを続けてゆきなさい。 そうすれば、あなた方の報いは大きく、あなた方は至高者の子となるのです。神は感謝しない邪悪な者にも親切であられるからです。 あなた方の父が憐れみ深いように、あなた方も常に憐れみ深くなりなさい。 また、裁くのをやめなさい。そうすれば、あなた方が裁かれることは決してないでしょう。また、罪に定めるのをやめなさい。そうすれば、あなた方が罪に定められることは決してないでしょう。 いつも放免しなさい。そうすれば、あなた方も放免されるでしょう。いつも与えなさい。そうすれば、人々はあなた方に与えてくれるでしょう。 彼らは押し入れ、揺すり入れ、あふれるほどに量りをよくして、あなた方のひざに注ぎ込んでくれるでしょう。あなた方が量り出しているその量りで、今度は人々があなた方に量り出してくれるのです。 聖書(ルカ6:26〜6:38) みなの人にほめられるときは、あなたがたは哀れな者です。彼らの先祖は、にせ預言者たちをそのように扱ったからです。 しかし、いま聞いているあなたがたに、わたしはこう言います。あなたの敵を愛しなさい。あなたを憎む者に善を行ないなさい。 自分を愛する者を愛したからといって、あなたがたに何の良いところがあるでしょう。罪人たちでさえ、自分を愛する者を愛しています。 自分に良いことをしてくれる者に良いことをしたからといって、あなたがたに何の良いところがあるでしょう。罪人たちでさえ、同じことをしています。 ただ、自分の敵を愛しなさい。彼らによくしてやり、返してもらうことを考えずに貸しなさい。そうすれば、あなたがたの受ける報いはすばらしく、 あなたがたは、いと高き方の子どもになれます。なぜなら、いと高き方は、恩知らずの悪人にも、あわれみ深いからです。 あなたがたの天の父があわれみ深いように、あなたがたも、あわれみ深くしなさい。 さばいてはいけません。そうすれば、自分もさばかれません。人を罪に定めてはいけません。そうすれば、自分も罪に定められません。赦しなさい。そうすれば、自分も赦されます。 与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。人々は量りをよくして、押しつけ、揺すり入れ、あふれるまでにして、ふところに入れてくれるでしょう。あなたがたは、人を量る量りで、自分も量り返してもらうからです。 聖書(ルカ6:26〜6:38)

feed NSR50 vs GSX-R750 どっちが速い?! (2017-12-12 21:38:12)
feed 日本一のスクーター乗りの実力ってこんなに凄いの? (2017-12-12 21:20:24)
feed 竹田の子守唄・赤い鳥 (2017-12-11 19:04:49)
2017-11-03の動画削除のため差し替えました 【竹田の子守唄】 現在の京都府の被差別部落に伝えられた民謡、およびそれを基にしたポピュラー音楽の歌曲である。 この曲は 複数の被差別部落に伝わる子守り歌(子守の仕事をしている子供の労働歌) である。 この民謡・歌曲が注目されたきっかけは 1969年にフォークグループの「赤い鳥」が「第3回ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト」 で演奏したことである。 しかし、そもそもは住井すゑの『橋のない川』が舞台化される際、音楽担当であった尾上和彦 が被差別部落の一つである 京都市伏見区竹田地区で採集した民謡を編曲して使ったもので、 それが竹田地区の部落解放同盟の合唱団のレパートリーとなり、フォーク歌手達にも広まったと考えられている。 尾上が採集したのがたまたま竹田地区であったので、「竹田の子守唄」とされた。 それ以前は 題名が付いていなかった。 民謡なのでいろいろな歌詞があるが、大きく分けて、広く歌われる歌の歌詞と、元唄の歌詞がある。 広く歌われているもの 守りもいやがる 盆から先にゃ 雪もちらつくし 子も泣くし 盆がきたとて なにうれしかろ 帷子(かたびら)はなし 帯はなし この子よう泣く 守りをばいじる 守りも一日 やせるやら はよもいきたや この在所(ざいしょ)越えて むこうに見えるは 親のうち 1番 子守も自分が子供の頃は、楽しいお盆休みがあったけど、それも無い。 お盆が過ぎると秋が深まり、雪がちらつき寒くなって、子供が泣きます。 2番 子供の頃楽しかったお盆休みが来ても、何もうれしくは無い。 きれいに着飾る服も無い。 3番 この子はよく泣いて、子守の私を苛めます。 奉公先の親から叱られないかと心配で、やせる思いです。 4番 早く奉公の期間が終えて、奉公しているこの場所から、親の住む家に帰りたい。 向こうに見えてるのは親の家なのに、こんなに近くても奉公だから帰れない。 元唄 こんな泣くぅ子よ 守りしぇと言うたか 泣かぬ子でさい(さえ) 守りゃいやにゃ どうしたいこーりゃ きーこえたーか この子よう泣く 守りをばいじる 守りも一日 やせるやら どうしたいこーりゃ きーこえたーか 来いや来いやと 小間物売りに 来たら見もする 買いもする どうしたいこーりゃ きーこえたーか 寺の坊んさん 根性が悪い 守り子いなして 門しめる どうしたいこーりゃ きーこえたーか 久世の大根飯 吉祥(きっちょ)の菜飯 またも竹田のもん葉飯 どうしたいこーりゃ きーこえたーか 盆がきたぁかて 正月がきぃたて なんぎな親もちゃ うれしない どうしたいこーりゃ きーこえたーか はよもいにたい あの在所こえて むこうにみえるんは 親のうち どうしたいこーりゃ きーこえたーか 〜Wikipedia〜 『竹田の子守唄』 https://goo.gl/mDRWkT https://goo.gl/1CsVF4 *1969年4月に赤い屋根の家(兵庫県尼崎市武庫之荘にある公民館:現在、屋根は赤くはない)でコンサートを開催した。 余談だがその当時近所に住んでいた大村崑夫人にギターを教えたのは後藤悦治郎だった。 赤い鳥は最初、後藤悦治郎と平山泰代の二人が日本民謡を独自のやり方で取り上げたデュエットだった。 山本俊彦と新居潤子(1973年4月に山本と結婚し、山本潤子)は、谷村新司らと「ヒルビリー・シンガーズ」というコーラス・グループをやっていて、 アマチュアコンサートで一緒になったとき、後藤に音楽性を買われ、大川茂を合わせた五人編成で「赤い鳥」が結成された。 後期にはウッドストックの影響で、ロック色の強い音作りをしたが、基本的には赤い鳥は民謡とフィフス・ディメンションのようなコーラスものの両方をレパートリーにした。 1969年11月、「第3回ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト」に関西・四国地区代表として出場。 「竹田の子守唄」、「COME AND GO WITH ME」を歌い、フォーク・ミュージック部門の第1位を獲得、他部門の優勝グループを抑え、グランプリを獲得した。 この時、オフコース(当時は「ジ・オフ・コース」として)、チューリップ(当時は「ザ・フォー・シンガーズ」として)も出場していた。 財津和夫はオフコースを聴いて「負けた」と思い、オフコースの小田和正は赤い鳥を聴いて「負けた」と思ったという。 〜Wikipedia〜

feed ホッチキスのトップメーカーMAX・ホッチキスがついたままの書類もリサイクル可能 (2017-12-11 18:17:35)
知らなかった! ホッチキスのトップメーカーMAX 【クリック】 古紙リサイクル時のホッチキス針について 王子製紙春日井工場では、原料工程の中で異物を取り除くための装置があり、 ホッチキス針は除去することが可能 です。 ホッチキスがついたままの書類もリサイクル可能な資源として回収しています。 2016-12-11の再掲

feed 食事前の家族のお祈りを見ていたワンコ・・・ (2017-12-10 21:26:06)
feed 伝統的なモンゴル音楽 (2017-12-10 19:08:28)
feed 不思議のヤハウェ - 日本語字幕 God of Wonders (2017-12-10 18:53:45)
自然界に見られる,神の知恵 真の神の知恵は,地上の生命を支える循環システムに見られます。 例を挙げましょう。壁に囲まれた,人口密度の高い都市に住んでいるとします。 その都市では,外から飲み水を入れたり廃棄物を出したりすることができません。 そのような都市は程なくして,不潔で住めない場所となるでしょう。 地球はある意味でその都市に似ています。飲み水の量には限界があり, 廃棄物を宇宙空間に放出することもできません。しかし,この“壁に囲まれた都市”は, 無数の生物を幾世代にもわたって支えることができます。なぜでしょうか。 生きるのに不可欠な物質をリサイクルしたり変換したりする驚くべき力があるからです。 酸素の循環について考えてください。 膨大な数の生き物が,酸素を取り入れて二酸化炭素を排出しています。 それでも,酸素の量が底を突くことはなく, 二酸化炭素という“廃棄”ガスが大気に充満することもありません。 なぜですか。光合成という素晴らしいプロセスが存在するからです。 このプロセスにおいて,緑色植物は二酸化炭素と水と日光,そして栄養物を取り入れ, 炭水化物と酸素を作り出します。人間が酸素を取り入れることによって,この循環は完了します。 真の神は, 「すべての人に命と息」 を与えることができるように,植物を用いておられるのです。 使徒たちの活動 17:25 何と素晴らしい知恵でしょう。 真の神の知恵は,この驚くべき惑星に住む無数の生物にも見られます。 地球上に存在する動植物は,200万種とも1億種とも言われています。 『神よ,あなたのみ業は何と多いのでしょう。 あなたはそのすべてを知恵をもって造られました。 地はあなたの産物で満ちています』。 詩編 104:24 その設計に見られる知恵に注目しましょう。 例えば,オオカバマダラという蝶の脳は,ボールペンの先ほどの大きさしかありません。 しかしこの蝶には,太陽をナビゲーターとして,カナダから約3,000も離れたメキシコの森まで 移動する能力があります。 太陽の位置が変化する中で,どうやって移動するのでしょうか。 この蝶の小さな脳には,太陽の動きに合わせて進路を補正する能力が植え込まれています。 神がそのように設計されたのです。 さらに,トンボの眼はどうでしょうか。トンボには二つの複眼があります。 その各々に約3万個のレンズがありますが,トンボの小さな脳は, そうしたレンズすべてから伝えられる信号を解読し,周囲のどんなに小さな動きでも感知することができます。 生物の構成単位である細胞の設計の仕方には,さらに驚嘆させられます。 例えば,人体は100兆個もの細胞でできています。 各細胞の内部には,DNA(デオキシリボ核酸)という小さなロープ状のものがあり, 体全体の設計図に必要な情報のほとんどが収められています。 DNAにはどれほど多くの情報が含まれていますか。DNA 1gとCD1枚の記憶容量を比較してみましょう。 1枚のCDは辞書1冊分の情報を収めることができます。 CDがプラスチック製の薄い円盤であることを考えると,これも素晴らしいことです。 しかしDNAはわずか1gで,CD1兆枚分の情報を収めることができるのです。 言い換えれば,ティースプーン1杯分の乾燥させたDNAは, 現在の世界人口の350倍もの人間の設計図を収めることができるということです。 ダビデ王は,人体の設計に必要な情報が比喩的な書に記されている,と述べました。 そのことは,真の神について語った次の言葉に示されています。 「あなたの目は胎児のときのわたしをもご覧になりました。 あなたの書にそのすべての部分が書き記されていました。それが形造られた日々について, しかも,それらのうちの一つもまだなかったのに」。 詩篇139:16 自分の体の造りを考えたダビデが神を賛美したいと思ったのも当然です。 近年の科学的な発見は,人間の造りを熟考して感じる畏怖の念を深めたにすぎません。 そうした発見は,ダビデの次の言葉への共感を強めます。 「わたしはあなたをたたえます。 なぜなら,わたしは畏怖の念を起こさせるまでにくすしく造られているからです。 わたしの魂がよく知っているように,あなたのみ業はくすしいのです」。 詩編139:14 創造物は生ける神の存在を明らかにしています。そのことを一体だれが否定できるでしょうか。 創造物に見られる,神の力 神の力は,地球の大気と磁場という,わたしたちを守る二つのシールド(防護壁)に はっきり見られます。 例えば大気は,人間が呼吸する空気を提供する以上の働きをしています。 宇宙を高速で動く物体の大多数からわたしたちを防護しているのです。 大惨事を引き起こしかねない流星体は大抵,大気圏に突入する時に, 夜空を彩る美しい光の帯となって燃え尽きてしまいます。 地球の磁場もわたしたちを守っています。このシールドは地球内部の奥深くで生じます。 主に溶解鉄から成る,地球の外核は,地表と宇宙空間にまで広がる強力な磁場を作り出しています。 そのおかげでわたしたちは,太陽フレアや,太陽の最外層(コロナ)で起こる 爆発による放射から守られています。 また,そうした爆発的エネルギーによって地上の生命すべてが焼け焦げてしまうこともありません。 そのエネルギーは吸収されたり,別方向にそらされたりします。 磁場の働きを示す,目に見える証拠があります。 それは,地球の両極付近で夜空を舞うカラフルで豪華な光のショーです。 確かに神は,「力が強い」方です。 『 目を高くあげて、だれが、これらのものを創造したかを見よ。神は数をしらべて万軍をひきいだし、 おのおのをその名で呼ばれる。 その勢いの大いなるにより、またその力の強きがゆえに、一つも欠けることはない』。 イザヤ書40:26

(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [527] » 

execution time : 0.136 sec
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で