ホーム >> 埼玉RSSセンター >> 飯能どうする研究所

埼玉RSSセンター

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

リンク 単体表示


link 飯能どうする研究所 飯能どうする研究所 (2018-5-23 1:59:21)

現在データベースには 2159 件のデータが登録されています。

feed ★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【株主掲示板に視る妄想と願望と現 (2018-5-23 0:47:20)
Yahoo!8789掲示板で、その投稿内容が「ムーミンビジネスとメッツァビジネスを混同」し、「意図的な買い煽り」のために「他の新聞・雑誌・サイトからの記事を転載」し、なおかつ、それぞれの投稿数が最多である<ryu>が、久しぶりに「判りやすい自己の意見らしい思い込みによる願望」を、昨日(5/22)書き込んでいたのに気づきました。 「FGI株を高値で掴んでしまったまま抱え込んでいる株主」の典型的な書き込みとして「資料的な価値が有る」ので当blogに転載しておくことにしました。 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 876 ryu***** 5月22日 14:55 ムーミンぱぱ玉井の夢は玉で開く 「テーマパークの集客数は、周辺人口に左右されます。ディズニーランドとUSJが成功しているのは、首都圏、阪神圏という大都市に近いからです。その点、ムーミンのテーマパークがつくられる飯能は、電車なら池袋から1時間で行けます。 もうひとつの強みは、西武グループと飯能市が全面的にバックアップすることです。西武グループは、軽井沢のリゾートを経営するなど、自治体と協力して観光産業を育てるのがうまい。なにより、ムーミンは女性に大人気です。昨年、都心のデパートがムーミン展を開催したら長蛇の列ができた。都内には、ムーミンカフェもある。日本の女性は北欧好きが多い。北欧雑貨などの買い物目当ての来場者も期待できるでしょう 14年11月に基本計画が発表された際は、開発予定地が決まっていなかったにも関わらず、株価は80円台から295円まで急騰した経緯がある 15年7月に候補地が宮沢湖畔に決まった際も、130円台から260円台まで2倍高した 今年、11月9日オープンが決定し、ライセンス会社も出来た。 現在、カウントダウン中 格安を通り過ぎた想定外となった90円は、何倍になるか楽しみどすえ 返信する 1 そう思う38 そう思わない15 https://textream.yahoo.co.jp/message/1008789/8789/270/876 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 上記の<ryu>の投稿内容に対して、未だに「そう思う人」が「そう思わない人」の倍以上も存在しているのが、8789掲示板を覗いている人の実状です。 (948字) ********************************************** ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。 ↓ クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。 **********************************************

feed ★今から「メッツァ&ムーミン」を楽しむ100の方法★ ⇒【フィンテ (2018-5-22 14:31:10)
いま飯能市の宮沢湖畔でムーミンのテーマパークが開園に向けて進行中です。 この計画がマスコミ発表されたのは2015年6月30日。 当初の予定より2年遅れましたが2018年11月9日にまず<メッツアビレッジ>という名称の商業施設がオープンします。 ムーミンのテーマパークは<ムーミンバレーパーク>という名称で2019年3月にオープンする予定です。 そのオープン前の今から、このメッツァとムーミンを徹底的に楽しむ方法があります。それをこれからシリーズでお届けします。 <楽しめる現象と要因・その1> メッツァを運営する親会社のフィンテックグローバルという会社の株価は計画公表後の急騰から下がり続ける一方なのです。 現時点の株価はその1/3にまで下降しています。 その真因を巡って様々な思惑が飯能市民と株主をハラハラ・ドキドキさせています。その動向を観察し、株価低落の原因を推測するのも「面白い要因」になってきているからです。 そのフィンテックグローバルの公式サイトです。 「建前」の「公式」情報発信が読めます。 http://www.fgi.co.jp/ 【今から<メッツァ&ムーミンを楽しむ100の方法】 (01)★メッツァ事業の中核に位置しているフィンテックグローバルという会社の本質を知ることは、そのままメッツァの内容と将来を予測する精度を高めることになります。★ このフィンテックグローバル(略称FGI)という会社は投資事業会社です。儲かりそうな事業(ベンチャー企業)に手当たり次第に投資して、その事業が成長した時点で所持していた株式を売却して利益を出すことを基としている会社です。 FGIの玉井社長は「メッツァも適当な時機に売却する」と公言していますが、このこと自体は投資事業会社としては当然のことです。 しかし、それは同時に「FGIはどこまで本気でムーミンのテーマパークに取り組むのだろうか?」「上手くいっても、いかなくても途中で放り投げるのであれば、どこまで真剣にこの会社と付き合っていけばいいのか?」という疑念を、飯能市民やムーミンビジネス関係者に与えているのが今の現状です。 そして、それが『フィンテックグローバル狂騒曲』という物語から、『飯能ムーミンパーク騒動記』という物語へと繋がっています。 最初の『フィンテックグローバル狂騒曲』は、このフィンテックグローバルの(過去・現在・未来)の株主たちが書き込んでいるYahoo!8789掲示板を覗くと、今でもその一端を知ることができます。 https://textream.yahoo.co.jp/message/1008789/8789 上記サイト上段右上にある「前スレッド」「次スレッド」をクリックすることで「新」と「旧」コメントを読むことができます。 (1077字) ********************************************** ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。 ↓ クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。 **********************************************

feed ★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【スタッフ採用の顛末】No.03 採 (2018-5-21 11:23:49)
先週の5/18金・5/19土に行われた<飯能市民限定のメッツァスタッフ採用説明会>に関する「情報」が、私みたいな「部外者の耳」にも少しだけ入ってきました。 そのことを、当blogに書き込む前に、支障の無い範囲で、Yahoo!8789掲示板に書き込んでおきました。 https://textream.yahoo.co.jp/message/1008789/8789/270/503 採用説明会の会場は、私が「空っぽオフィスの写真」を掲載したムーミン物語事務所と同じフロアの「外部からは見えない奥の部屋」でした。 このフロアのレイアウトから「外からは見えないスペース」が「全体の2/3くらいは有るだろう」と推測していましたが、どうやら説明会はその「見えない奥のスペース」で行われたようです。 この「見えないスペース」が、説明会開催の時だけの「期間限定で借りたスペース」なのか、それともムーミン物語が、常時借りているスペースなのかは、部外者の私には判りません。 もし、常時賃借しているのであれば、「かなりの家賃の無駄遣い」でしょうね。「他人から集めた資金」は「どうしても無駄遣い」になってしまうのはお気楽サラリーマンの悲しい性です。 このビルのオーナーが誰だか私は知りませんが、場所からして「市民の誰かさん」でしょう。 その人が「市の深い関係者」だとしてら、「巧妙な資金迂回ルートの一つ」として勘ぐって調査している人がもういるのかもしれません。 他のフロアはかなりの部分が「空き室」になっているようなので、オーナーにしてみれば「有難いテナント」であることは間違いないですね。 (631字) ********************************************** ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。 ↓ クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。 **********************************************

feed ★飯能ムーミンパーク騒動記★ ⇒【スタッフ採用の顛末】No.02 (2018-5-18 22:26:09)
ムーミン物語の 【飯能市民限定・メッツァビレッジスタッフ採用先行説明会】は、 今日(5/18)と明日(5/19)の予定だったのですが、どうやらその会場は、ムーミン物語の事務所が在ることになっている<飯能駅から徒歩2分の雑居ビル4F>の無人の空っぽオフィスではなかったようです。 私はきょう(5/18)は、朝09:00〜17:20迄、中央公園で行われている<第7回飯能ものづくりフェア>の抽選会場テントに雑用係でへばりついていなければならなかったために、面接が行われている時間帯ではこのビルには行けなかったのです。 尤も、昨日(5/17)の16時頃、このムーミン物語の事務所を覗いた時にも中は空っぽで、採用説明会に必要な長テーブルやパイプ椅子の搬入はなされていなかったので、「面接会場はここではない!」ということが判明していました。 きょう(5/18)は<ものづくりフェア>が終了してからムーミン物語のオフィスに確認に行ってみたのですが、やはり「空っぽ」のままでした。 当然「面接会場はどこだったのか?」ということが私としては興味の対象になります。 いずれ、面接を受けた者たちからの情報が私にも伝わってくると思いますが、その会場を「当ててみる」のも面白いかもしれません。 可能性の有る場所として考えられるのは下記のような所ではないでしょうか? A・飯能駅ビルに隣接しているホテルヘリテイジの宴会場 B・東飯能駅ビルに隣接している丸広飯能店7階の市民活動センター C・飯能市民会館の貸し会議室 D・宮沢湖メッツァ工事現場内の仮設事務所 上記の中で最も可能性が高いのはDだと思っているのですが・・・・。 ビルの敷地内のフィンテックの駐車場にはいつも駐車されている社用車が無かったので、メッツァ工事現場に出払っているのかもしれません。 それにしてもムーミン物語のオフィスはいつまで「無人・未使用」のまま放置され続けるのでしょうか? この家賃の無駄遣いを株主総会で質問する人はいないでしょうね。問題の本質から見れば枝葉末節のことですから。 (837字) ********************************************** ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。 ↓ クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。 **********************************************

feed ★『巷談・飯能ムーミンパーク騒動記』2018年版★ ⇒【『サトシです。 (2018-5-16 23:51:44)
漫談風「ムーミン」ネタと謳うからには「笑い」は不可欠です。 このネタで笑えるでしょうか? 〜♪〜〜(ヒロシのテーマ曲を思い浮かべて) サトシです。 ムーミンがちょっとだけ好きです。 奥さんとフィンランドのムーミンワールドに行ってきました。 あっちは夏の3ヶ月だけの営業です。 だから6月に行きました。 それでも現地で毛糸の帽子とジャンバーを買わずにはいられませんでした。 あちらの女性の半分はマフラーをして歩いてました。 デパートにはコート売り場も手袋売り場もありました。 ムーミンも縫いぐるみの厚着をしていました。 サトシです。 サトシです。サトシです。サトシです‥‥〜♪〜〜 「笑い」に解説を加えてしまったら、別の意味で笑われてしまいます。 実は5/13のfacebook小久保達に投稿したm、おのです。 https://www.facebook.com/satoshi.kokubo.18/posts/1897282270562147 (332字) ********************************************** ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。 ↓ クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。 **********************************************

feed ★『巷談・飯能ムーミンパーク騒動記』2018版★ ⇒【2回目は60分 (2018-5-15 23:39:32)
先日(5/13)、プロジェクターの不調で「土壇場で開催できなくなってしまった」60分版を、6/3に再度やることにしました。 先日不調だった私物のプロジェクターは「引退」させて、最新型のプロジェクターを借りることもできました。しかし、念のため「予備のプロジェクター」も手配中です。 現代巷談『飯能ムーミンパーク騒動記』初級編(事実編)というタイトルになっていますが、 今から<メッツァ&ムーミンランド>を楽しむ100の方法 というサブタイトルも付けています。 (字) ********************************************** ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。 ↓ クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。 **********************************************

feed ★『巷談・飯能ムーミンパーク騒動記』2018年版★ ⇒【『サトシです。 (2018-5-14 23:21:54)
昔、人気があった根暗ピン芸人の『ヒロシです。』を文字って『サトシです。』という出だしで始める「漫談ネタ」らしきものを書き出したら止まらなくなりました。 当blogには「ムーミン」ネタ、「メッツァ」ネタだけを書き込んでいきます。 『ヒロシです。』を忘れてしまった人、知らないという人は下記のYouTubeをご覧下さい。 https://www.youtube.com/watch?v=yB9fHaWhejM 〜♪〜〜(ヒロシのテーマ曲を思い浮かべて) サトシです。 フィンランドのムーミンワールドに行ったことが有ります。 飯能にも造られるからです。 その前に本国のものを観ておこうと思ったからです。 サトシです。 フィンランドでは「国中で一番観光客が集まっている所」に造りました。 そこは「夏休みに家族揃ってバカンスを過ごす保養地」でした。 だからムーミンワールドは夏の間だけの営業なんです。 「身の丈」を自覚した健全な経営です。 飯能ではその逆を狙っています。 「ムーミンなら日本中から世界中から観光客が来てくれる!」 最初から他力本願です。 サトシです。サトシです。サトシです‥‥ 〜♪〜〜 サトシです。〜♪〜〜(ヒロシのテーマ曲を思い浮かべて) 飯能にムーミンのテーマパークができます。 たぶん。 来年3月オープンの予定です。 本場フィンランドのムーミンワールドと比べてどうなのか? 市民はみんな楽しみにしています。 たぶん。 サトシです。 市長も市議会も期待しています。 地方創生 地域活性化 になるからです。 たぶん。 でも市長はフィンランドに行ったことが有りません 市会議員も誰一人ムーミンワールドに行ったことがありません。 あのマスコミ会見から3年が経っているのに。 未だに誰も行っていないのです。 ホントにムーミンが好きなのでしょうか? サトシです。サトシです。サトシです‥‥ 〜♪〜〜 (626字) ********************************************** ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。 ↓ クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。 **********************************************

feed ★『巷談・飯能ムーミンパーク騒動記』2018版★ ⇒【2回目は60分 (2018-5-13 23:58:27)
きょう(5/13)が、その「60分版」の初回だったのですが、プロジェクターの不調で「土壇場での中止」になってしまいました。 下記がきょうのfacebook小久保達に投稿したものです。 https://www.facebook.com/satoshi.kokubo.18/posts/1897121190578255 【人生初の「講談のようなもの」を巷談と名付けてやってみました】03 きょう(5/13)がその初回でした。しかし、使い慣れていたはずのプロジェクターがきょうになって不調に。開始前50分から悪戦苦闘し、開始時刻を10分経っても正常に復調できませんでした。 参加者の中から「配布資料があるならプロジェクター画面無しでも構わない」と言ってくれる方もいましたが「配布した画面集は42画面」なのに対して、プロジェクターで投影する画面は計112画面。どうしても見て欲しい画像もたくさんあるので、それらの画面無しでは成立できない構成でした。 致し方ありません。残念ですが、参加費を返金して配布資料だけお持ち帰り頂きました。当初から次回を6/3に設定していたので、その日にお越し頂くことをお願いしました。 せっかくの休日の午前に会場まで来て頂いた方、本当に申し訳ありません. (479字) ********************************************** ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。 ↓ クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。 **********************************************

feed ★『巷談・飯能ムーミンパーク騒動記』2018版★ ⇒【はじめに】No.10 (2018-5-11 18:18:00)
この『巷談・飯能ムーミンパーク騒動記』2018年版(いまから<メッツァ&ムーミンランド>を楽しむ100の方法)の基本構成は、結局、下記のような「初級・中級・上級」の3段階のレベル分けをすることにしました。 初級編(事実編) 第1話〜第5話 60分(質疑応答の時間は別) 中級編(事情編) 第1話〜第9話 180分(質疑応答の時間は別) 上級編(深層編) 第1話〜第14話 360分(質疑応答の時間は別) 5/13(日)に開催する<初級編(事実編)>の構成はチラシに掲載してあるのと変更はありませんので下記の通りです。 第1話 それは「突然のマスコミ会見」から始まった! 第2話 フィンランドの

feed ★この場所のココに注目!★ ⇒【最近の飯能河原】No.29 (2018-5-10 17:40:09)
5/8(火)の文化新聞に下記の見出し記事が掲載されました。 遊歩道ルート承認 飯能河原、飛び石橋6つ建設 http://www.bunkashinbun.co.jp/wp/2018/05/10/遊歩道ルート承認%e3%80%80飯能河原、飛び石橋%ef%bc%96つ建設/ それをfacebook飯能会に下記のようなコメントを加えて紹介。 5月8日 9:45 【飯能河原に2ヶ所目の水辺デッキ! 必要なのは右岸?左岸?】01 きょう(2018/05/08)の文化新聞に「川の国埼玉はつらつプロジェクト」の一環として「飯能河原を中心とした入間川流域2kmに渡って遊歩道を設置」という記事が載っています。 この記事の中で「飯能河原の流れ橋手前の左岸に、休息スペースとして、ウッドデッキを建設する計画」と書かれています。左岸? ということは現在ある水辺デッキと同じ岸なので、完成後は短い距離をおいて「水辺デッキが続く河岸」ということになります。 いまある水辺デッキは素晴らしい施設です。飯能河原を毎日眺めて暮らすようになって20年。飯能河原はこのデッキが出来たことによって格段に良くなりました。 ただ残念なのは「日陰が出来ない」ので陽射しが熱い時間帯は「このデッキで寛ぐ人は皆無」なのです。もちろん逆に、春秋冬は「陽当たり満点のぽかぽかエリア」です。 だから、飯能河原に2か所目のデッキを造るのであれば「いま有るデッキの対岸の右岸にして欲しい!」「そうすれば左岸デッキが直射日光で熱い時間帯でも右岸のデッキは涼しい日陰の場所」になります。冬はそれが逆転し「右岸のデッキが日陰で寒い時間帯でも左岸はぽかぽかと温かい場所」になります。 このことは昨年12/19(火) 市役所担当部門職員、コンサル会社スタッフ、地域住民20人程で行った「遊歩道現地踏査」の時に「住民でなければ分らない視点」として強く要望したのですが、「聞き流された」ようですね。 この記事では続いて「ここには、地元住民が植えたオオシマザクラが3本あり、飯能河原に観光客を誘引するためにも有効と考えられるため、ウッドデッキ設置で木が切られることを懸念する委員が多く、材質への要望もあり、今後検討される」と書かれています。 2ヶ所目のデッキを右岸にすれば「木の伐採」はしなくて済みます。「材質」も重要ですが、ハード面だけでなく「春夏秋冬・夜明けから日没までの時間帯の使われ方」というソフト面も重視することを望みます! それでも、おそらく市担当者やコンサルタントは「右岸には地形的に水辺デッキを造る場所が無い」「増水時を考慮すれば構造的に無理」という理由を掲げて当初の計画通り、左岸への設置で押し通すでしょうね。その場合は「画期的な夏季の日陰確保策」を強く強く要望します。 まさか文化新聞の「左岸」は誤記で、本当の設置場所は「右岸」だったということはないでしょうね‥‥。 facebook飯能会に書き込んだコメントは以上です。 (1160字) ********************************************** ここをクリックして戴けるとこれからの励みになります。 ↓ クリックすると<地域生活/ 関東ブログカテゴリー>ランキング頁に行きます。 **********************************************

(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [216] » 

execution time : 0.106 sec
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で