ホーム >> 埼玉RSSセンター >> 食人習慣を取り入れなかった日本

埼玉RSSセンター

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link クオリティー埼玉 クオリティー埼玉 (2018-6-17 20:45:09)

feed 食人習慣を取り入れなかった日本 (2018-6-13 16:23:44)
あの時代の世界では、食人習慣はヨーロッパから、中国にいたるまで、罪悪感を伴うことなく、ひろく行われてきた。 中国では日本と違って、古代から食人が行われてきた。 中国の記録によれば、儒教の始祖となった孔子は、毎日、醬に漬けた人肉を楽しんでいた。醬は、今日の味噌、醬油の原形となった発行調味料である。 孔子がもっとも愛していた弟子であった子路は、論争で負けてしまって、相手に食べられている。 中国で鄧小平時代になってから、一時、出版の自由が緩められた。 以前、紅衛兵が人民文化大革命のときに、多くの派に分かれて、全国にわたって、互いに殺してその肉を食べあったという本が、出版されたことがある。日本でも訳書がされたが(鄭義者『食人宴席』黄文雄訳、光文社カッパブックス、1993年刊)、あまりにも酷たらしい話だったので、売れなかった。 中国では歴史を通じて、食文化として、食人が行われてきた。 2003年5月に、アフリカのコンゴに住むピグミー族が、体が大きいレムデュ族によって狩られて、食べられてしまうために、国連に人権蹂躙のかどで提訴したことがあった。いまでも、食人嗜好を保っているのは、中国人だけではない。 人が信じるもののなかで、宗教ほど気高いものはない。 それにもかかわらず、これまで宗教がしばしば諍いと、禍の種を播いてきた。 もし、ユダヤ民族がイスラム教に改宗していたとしたら、パレスチナ紛争が起こるはずがなかった。 レバノンでは、イスラム教徒とキリスト教徒が、抗争している。もし、レバノン国民全員が、イスラム教徒か、キリスト教徒だったとしたら、これまで十数万人が犠牲になったレバノン紛争が避けられた。 もし、北アイルランドの人々が、全員、カトリック(旧教)か、プロテスタント(新教)だったとしたら1990年代まで数万人の人命を奪った北アイルランド紛争が、もたらされることがなかった。 いま、すべての宗教がハイブリッドであることを、認識することが求められていると思う。 ユダヤ教も、キリスト教も、イスラム教も、奴隷を容認してきた。中国においても、同じことだった。ところが、日本には古代から奴隷が存在しなかった、中国から進んだ文物を取り入れたのに、宦官や、纏足や、奴隷制度を模倣することがなかった。 纏足は幼女のころから足を縛って、小さく、奇形にする習慣である。中国では近代に入るまで、行われていた。 宗教も文化も、すべてがハイブリッドだが、日本は取捨選択して、好ましくないものは取り入れないという判断が、はたらいたのだ。


execution time : 0.043 sec
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で