: 
投稿者: admin 投稿日時: 2015-2-6 15:23:57 (2600 ヒット)

しかし、そんな風向きも戦況が厳しくなるにつれて変わって行き、およそ一年後に
終戦を控えた1944年(昭和19年)9月末には、もはや航空特攻以外に戦局打開の道なし
との結論に達します。

大本営陸軍部の決定を受けた翌年2月に旧桶川飛行学校は閉鎖され、
以降は決死の攻撃を以って報国とする陸軍特別攻撃隊――通称”特攻”の
訓練基地として、再びその歴史を刻むこととなりました。

1945年(昭和20年)には第79振武特別攻撃隊12名が知覧基地に向け出発。
その粉骨も虚しく、

すぐ数ヵ月後に、大日本帝国は敗戦を迎えます。

その入り口にある大きな鎮魂之碑をして、ここから旅立ったまま戻ることなく
特攻隊として儚く死した彼らへの哀悼の意が湧き立つかのようです。
その建物内に立ち入ろうとする誰しもが、自然と手を合わせずにはいられない
言い表し難い荘厳さを放っています。


続きはこちら >>> 埼玉ブルース第三十四回 「空の果て」旧桶川飛行学校(了)

埼玉e街ネット ニュース&レポーターズ 新着記事
  • (2015-3-28)
  • (2015-3-19)
  • (2015-3-12)
  • (2015-3-5)
  • (2015-2-26)
  • (2015-2-13)
  • (2015-2-6)
  • (2015-1-30)
  • (2015-1-30)
  • (2015-1-23)
  • (2015-1-16)
  • (2015-1-16)
  • (2015-1-9)
  • (2014-12-25)
  • (2014-12-25)