: 
投稿者: admin 投稿日時: 2015-1-30 16:39:00 (2665 ヒット)

「なぜここへ戦後にベッドを? 一体誰がなんのために?」

そもそも飛行学生さんたちの生活は、巷に聞く「良質な睡眠」とは、およそ無縁だったよう。毎朝6時前には起床して、夕方6時過ぎまで計12時間みっちり詰め込まれた座学と実技に勤しむため、休める時間はほとんどなかったとも伝わっています。実際の彼らは、等間隔に並べられた寝台で寝起きをしていたそう。

既に大昔の産物となっているプロレタリア文学や現在のブラック企業にさえも通じる、この過酷っぷり。どんなに寝ても足りないくらいの、まだ年端も行かない青少年達が、ここで夢を見ることなんてあったのでしょうか。

よく細部にまで目を凝らして見るに付け、つくづく感じ入らされるのは、ここが学校だったのだと言うこと。

「むしろ授業中の方が、かえってぐっすり眠れる」なんて経験は誰しにも
あることですが、ここで重責を肩に学んだ彼らには、そんな甘えが許されることもなかったのだと思うと、なんだか身に詰まされるものがあります。

続きはこちら >>> 埼玉ブルース第三十三回後編 英霊よ安らかに。旧桶川飛行学校にて

埼玉e街ネット ニュース&レポーターズ 新着記事
  • (2015-3-28)
  • (2015-3-19)
  • (2015-3-12)
  • (2015-3-5)
  • (2015-2-26)
  • (2015-2-13)
  • (2015-2-6)
  • (2015-1-30)
  • (2015-1-30)
  • (2015-1-23)
  • (2015-1-16)
  • (2015-1-16)
  • (2015-1-9)
  • (2014-12-25)
  • (2014-12-25)